Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしかしたら骨粗しょう症予備軍かも?診断方法

過度のダイエットに注意骨粗しょう症になってしまう方で1番多いのは、高齢者の方です。 中年期を過ぎたあたりから、徐々に増えてきます。

しかし、最近では、それよりも年齢の若い方にも、骨粗しょう症は確実に増えています。 骨粗しょう症の方の特徴は、とにかく骨密度が低くなっています。

ですから、その方の年齢や性別にはまったく関係なく、骨粗しょう症を発症するわけです。 特に今、若い方の骨粗しょう症が大問題になっています。その大きな原因の1つが、若い方の食生活の乱れです。 今、毎日きちんとした食事をまったくしない方も増えています。

カルシウムの含まれた、バランスのよい食事をしなかったら、骨粗しょう症になってしまいます。 お菓子やインスタントラーメン、レトルト食品、外食、このような食事を毎日続けていたら、あなたの骨は若いのにスカスカになってしまうでしょう。

また、10代のころには、特に必要な栄養成分をたっぷりとって、健康な骨を作る必要があります。それなのに、このような栄養成分の偏った商品ばかりを食べていたら、あなたの骨は若くして、骨粗しょう症状態です。 10代の大切な時期に、骨を作らなかったら、その悪影響は一生にわたって続いていきます。

つまりは、まだ若いと思っていた10代のうちから、骨粗しょう症にかかってしまうのです。 これでは、健康で元気に毎日を過ごすことは不可能になります。あなたも、自分の骨の健康のことを考えて、規則正しい食事をしてください。 そうしなければ、すぐに骨粗しょう症予備軍となります。

骨粗しょう症の診断は、さまざまな基準や考え方があります。 けれどもその中でも、大きな2つのポイントがあります。その1つは、骨密度です。 骨密度は、骨粗しょう症の診断で最も多く使われています。 一般的に、同年代の人の骨密度に比べて、70%以下しかなかったらその方は、骨粗しょう症と診断されます。

このデーターが1番分かりやすくて、診断をするときには、都合のいい数字になっています。また、患者さんに説明をするときにも、よく分かってもらえます。 もう1つのポイントは、「脆弱性骨折」です。これは、骨粗しょう症の方によく起こってしまう骨折のことです。 骨自体の強度が弱くなっているために、ほんの些細なことでも、骨折しやすくなっているのです。

たとえば、自分では何も感じていないのに、気がついたときには、脆弱性骨折をしていることもよくあります。これは、骨粗しょう症の患者さんには、注意したいことの1つです。 こういう骨折をしてしまう方の骨は、かなり強度が弱くなっていることが考えられます。

よく調べてみますと、骨密度が70%以下であることが多いです。 これは、明らかに骨粗しょう症にかかっていることを示しています。このように、よく分かりにくい骨粗しょう症という病気も、ポイントをおさえてみたら、分かりやすくなってきます。

とにかく、骨がすかすかにならないように、十分に注意して、日常生活を送ってください。 そうしないと、転んでもいないのに、骨折したり、寝たきりになってしまったり、健康な日常生活が送れなくなってしまう危険性があります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ