Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

やさしい洗顔でお肌を清潔に整えよう

洗うほど潤う洗顔方法あなたの洗顔方法は肌をキチンとケア出来ていますか?

肌が乾燥する原因はたくさんありますが、中でも注目が、洗顔なんです。洗顔方法を間違えていると、肌の潤いは逃げてしまいますし、肌も傷めてしまいます。何より、吹き出物やシワの原因にもなってしまいますよ。まずは、基本中の基本。洗顔する時の水の温度はどれぐらいですか?

夏の暑い日でも、冬の寒い日でも洗顔はぬるま湯で行うんですよ。冷たい水で洗顔をしてしまうと、毛穴がキュッと引きしまってしまうので、毛穴の奥の汚れが落ちません。また反対に熱いお湯を使ってしまうと、肌の潤いを守ってくれる残しておくべき皮脂までも全て洗い流してしまいます。

この皮脂は、顔の表面を覆っている油分のことですが、多すぎると脂性になりますし、少なすぎると乾燥肌になってしまいます。適量の状態を保つことが大切なのです。

よく、念入りに洗顔をしたり、熱いお湯を使うことで皮脂を流しすぎてしまって、肌が乾燥してしまっている人も多いんですよ。

洗いすぎに心あたりがある人は、洗顔を見直してみて下さい。それだけでも乾燥が改善されるかもしれません。また、乾燥肌の方におススメしたいのが朝に素洗いを取り入れる方法です。これはぬるま湯のみで洗う方法です。

他にも、洗顔料を使って洗顔をする場合、必ず洗顔料をしっかり泡立てて下さい。手でこすって汚れを落とすと肌を傷めたり、必要な油分まで落としてしまいます。泡で汚れを巻き込むような感覚、つまり泡で洗うようにイメージし手洗って下さい。

そして顔から洗顔料を落とすすすぎですが、これが大切になってきます。顔を洗う方に気を取られて、すすぎを適当に行ってしまう人がいるようですが、ぬるま湯で30回以上のすすぎを心がけて下さいね。(朝の忙しい時には大変ですよ~・・)

そして、最後は優しくタオルで拭き取りです。スッキリしたい!とタオルでゴシゴシこすってしまうと皮膚を傷めてしまいます。優しくタオルを肌に押し当てて水分をキレイに取って下さいね。

洗顔一つでもけっこう細かいケアが必要です。今までの洗顔方法は肌を労わっていましたか?今からでも間に合います。正しい洗顔方法で肌の潤いを保って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ