Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お腹回りの筋肉を腹筋で刺激するとお腹が空かない?

脂肪を落とし筋肉をつける腹筋と言えば、お腹を引き締めるための筋力トレーニングですが、腹筋をすることで食欲を抑えることができます。

食前に腹筋をすると脂肪の燃焼効果が高まり、食欲を抑えるだけでなく効率的にシェイプアップをする上でも効果的です。

腹筋は横にならないとできないと思っている人がいますが、実はいつでもどこでもできる手軽な運動ですから、空腹感を感じたらその場でやってみることをお勧めします。

空腹感を強く感じるのは、仕事中や授業中などが多いですが、そんな時に試してほしいのが座ったまま行う腹筋運動です。椅子に浅く座った状態で両足を持ち上げ、ゆっくりと両足を伸ばします。たったこれだけですが、この運動は下腹部を締めるのに効果があり、空腹を抑えるのにも有効です。

空腹感が強くなると、それだけ食事の際に早食い・大食いになるリスクが増えますから、気付いた時に腹筋運動をして食欲を抑えると、食べ過ぎを防げます。とは言っても、腹筋のやり過ぎは禁物です。 無理な腹筋運動は腰や筋肉を傷めるだけでなく、内臓の働きを低下させてしまうこともあります。

ダイエットの成功は健康な内臓あってこそですから、くれぐれも無理な運動は避けてください。腹筋ついでに行いたいのが、ウエストの脂肪を落とす運動です。まず仰向けの状態で膝を曲げ、そのまま膝が床に対して垂直になるところまで足を持ち上げます。

次に膝を右にゆっくり倒し、床すれすれのところまできたら元の位置に戻します。 これを左右1セットとして10回行います。この運動では仰向けになる必要がありますが、寝起きや就寝前の習慣として取り入れることで、少しずつ腰がシェイプアップされていくはずです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ