Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

急性中耳炎、どんな症状が出る?急性中耳炎の特徴と治療法

耳が詰まった感じがする中耳炎子どもの風邪とワンセットのようになっているのが、この急性中耳炎なんですね。かなりの高確率で、風邪から急性中耳炎を併発します。急性中耳炎は鼻の奥にいる細菌が耳に感染する事によって起こる病気なのです。

ごく稀に大人がなることもありますが、やはり大半は子供に多い病気ではないでしょうか。特に、体が発達途上の子供の耳は耳管(鼻と喉の奥と中耳を繋ぐ管)が細長くて水平に近い作りになっています。

その為、鼻や喉から細菌が真っ直ぐ入りやすくなっているのですね。耳管を通して起こる疾患なので、風邪やアレルギー性鼻炎で鼻水・鼻づまり・くしゃみや咳が続く時に多くみられますが、お風呂やプールなどの水が耳に入って感染というものではありません。

(プールで感染というのは、ほとんどがプールの冷たい水で鼻に炎症がおこり、鼻水が出始めそれが耳管に入りこむ・・という経路だと思われます。)

鼻水は嚥下やあくび・くしゃみ・咳によって耳管が開いた時に、鼻と喉についた細菌と一緒に中耳に運ばれ、中耳で炎症を起こしてしまうのです。では、代表的な症状にはどんなものがあるのでしょうか。発熱・ひどい痛みが主な症状です。進行すると黄色がかった耳だれが出る場合もあります。

状況を話せる年齢の子供さんは痛身を説明する事が出来ますから、わかりやすいです。話せない低年齢児の場合は、風邪や鼻水の症状のあと、夜泣き・不機嫌・耳をさわると泣く、耳元に手をあてるなどの反応が現れる事が多いです。

やたらと手を耳に持って行く、耳を触るなどの動きが見られたら急性中耳炎を疑って下さいね。治療法は抗生物質の投与や、膿がたまって痛みがひどい場合は鼓膜切開で膿を出す事もあります。

また、夜中に症状が出てすぐに受診できない場合などもありますよね。そんな時は、とりあえず鎮痛剤(子ども用の鎮痛剤)を飲ませたり、患部を冷やす事で一時的に炎症による痛みの緩和はできます。でも、そのまま翌日痛みが止まっているからと言って放置するのは避けて下さいね。

必ず子どもが痛がっていなくてもすぐに受診して下さい。 急性中耳炎は繰り返す事が多いです。ワンシーズンで2回などもあり得ます。一番効果的な予防法としては風邪を引かせないよう心がけることです。また、風邪をひいたなと思ったら病院で早めの受診をし、抗生物質や解熱剤の早期服用が効果的が高いです。

その際、鼻や喉の疾患がないかを確認してもらうようにして下さい。小児科医でも、簡単な耳の診察はしてくれますので、耳が炎症を起こしているかどうかの確認をしておくと、早期対処が出来ます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ