Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

放っておくと障害を引き起こす!?アデノイドと中耳炎から起こる疾患

飛行機に乗ってから耳の調子がおかしくなったらアデノイドというと聞きなれない言葉のように思いますが、昔よく言われていた「扁桃腺」の事をさします。そもそも、扁桃腺という名称自体が誤っているのですが、このアデノイドとは喉と鼻のちょうど奥にあるリンパ組織の一つなんです。

これは、3歳頃から肥大しはじめ、5歳をピークに10歳くらいで退縮し、思春期でほぼ消失します。(でも、だからと言って大人のアデノイド肥大がないわけではありませんよ。)

アデノイドは左右耳管のちょうど真ん中にあり、特に子供は耳管が太くて短い上にほぼ水平な為、鼻水が耳や喉に流れやすく中耳炎を起こしやすい構造になっています。風邪をひいたりして鼻水などが喉に流れると、アデノイドは刺激されて腫れてしまいます。

アデノイドが腫れると耳管の入り口がふさがれてしまい、中耳内の粘液が耳管から排出されなくなり、中耳内に溜まってしまいます。

このように、耳管が塞がると鼓膜の内側と外側との空気の入れ替えができなくなります。そうなると中耳内の圧が低くなり、水分が中耳内に引き寄せられ、滲出液が溜まりはじめます。

この状態になると、滲出性中耳炎といわれます。 また、アデノイドが大きくなる⇒鼻が詰まる⇒鼻水が鼻の奥に溜まる、、と症状が進んでいきます。

そして、この細菌などの感染によってネバネバになった鼻水が喉にも流れ出し、その時にアデノイドを刺激してしまい、アデノイドはどんどん大きくなってしまうのですね。よく、子どもの風邪で小児科にかかると、喉の奥が腫れています・扁桃腺(医師は大概わかりやすい言葉で説明してくれますので、扁桃腺と言われるものが何かも説明してくれると思います)が大きくなってますね・・。

などと診断を下される事があります。炎症を抑える抗生剤を処方される事も多いと思いますが、アデノイド肥大が進み、中耳炎等の炎症が深刻な場合、手術をする事もあります。つまり、この状態になると投薬と滲出性中耳炎の治療だけでは治せないのですね。

アデノイドを削る手術を行い進行を抑えます。 子どもが成人に比べて元々アデノイドが大きいのですが、その中でも特に影響を及ぼす程大きいかどうかはレントゲンで診断します。

また、自宅でもテレビの音が異常に大きい、いつも口をあけてボーっとしている、睡眠時にいびきをかいたり無呼吸になったりする、といった症状がある場合、自己判断せずに一度診察を受けるようにして下さいね。子供の場合は身体や言葉の発達障害・難聴にまで至る場合があります。早い目の発見が軽度に抑える事にもなります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ