Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

酸素の有無でこんなに違う!?有酸素運動と無酸素運動の違いとは

長時間行わないと効果は出ない運動さて、運動を大きく分けると有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。まあ、大きな違いは読んで字の如く運動中にしっかりと酸素補給ができるか、ギリギリの酸素補給になるかといった違いです。そしてそれぞれの運動にはメリットがありますから、それらを組み合わせることでより一層ダイエット効果を上げる事ができます。

有酸素運動

軽いジョギングやウォーキング、サイクリングなど比較的運動エネルギーが小さい運動です。運動中に体内に酸素をしっかりと補う事で脂肪の燃焼を促進させるので体脂肪を燃焼させる事ができます。

無酸素運動

筋トレ、水泳など体を激しく動かす運動のことで、筋肉をつけたり、体を引き締める効果があります。ダイエットを効率良く行うためには筋肉も欠かせません。筋肉がつくと基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼も促進されます。そしてこの筋肉がつくことで基礎代謝機能が高まると、リバウンド防止にもつながります。

激しい運動の苦手な方には少々辛いですが、ダイエットの効率を上げたいのであれば無酸素運動も取りいれる事をおススメします。また、普段自分がやっている運動がどちらかわからない場合、呼吸を基準にして考えてみるとスッキリしますよ。

有酸素運動は、人と会話をしながらできる運動と考えて下さい。筋トレでも話しながら出来るという方がおられるかもしれませんが、重いダンベルを持ち上げながらお天気について会話をする事は難しいですよね。

激しく走り回ったり、呼吸をする事で精一杯で会話をしながら運動ができない場合は、無酸素運動になります。体脂肪をじっくりと燃焼させてくれる有酸素運動、筋肉を付け、基礎代謝をあげることによってリバウンドを防いでくれる無酸素運動、このどちらもダイエットには必要です。

急なダイエットでバランス悪く痩せてしまうより、適度の運動によってバランス良く痩せられる事の方が体への負担は少ないです。健康的にスリムになれるよう、有酸素運動、無酸素運動をそれぞれ効率良く取りいれて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ