Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

筋肉痛にならないトレーニングで翌日の痛みにさよなら

軽めの筋力トレーニング活発に動いた時やスポーツの後に筋肉痛を起こすことがあります。特にダイエットで筋トレをする方は、筋肉の痛みを基準にして運動量を考えているのではないでしょうか。

筋肉の痛みがなければ、運動量を増やしてみることもあるでしょう。効果的な運動量と筋肉の痛みについて考えてみましょう。

十分な運動量をこなせば、筋肉痛を起こすかと言えば、そうでもありません。要するに、運動量が多くても筋肉の痛みがあるとは限らないのです。効果的に運動をすることが大切です。

筋トレをして良い効果を出したい時は、効率的なトレーニングをする必要があります。適宜な負荷を与えれば、筋肉に痛みを感じることはありません。ですが、ある程度の筋肉痛を感じることで、運動量を調節する方もいるでしょう。

翌日に筋肉の痛みがあれば、筋トレの効果を実感することもできます。激しい痛みでさえなければ問題ないのですが、痛みがひどい時は運動を控えた方がいいでしょう。

効果的に筋トレをするには、翌日にどれくらい筋肉の痛みがあるかをチェックすることが大切です。特に継続して筋トレを行う時は、筋肉の痛みを感じないレベルで運動を続けた方がいいでしょう。

たとえば、翌日に問題がなければ、少しづつ運動量を増やすことができます。1週間ほど様子を見て、筋肉痛を起こさないようなら、次週から運動量を増やしてみるといいでしょう。効果的な運動量が必ずしも筋肉の痛みにはつながらないことを認識しておく必要があります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ