Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電気代節約は、エアコンの室外機の掃除から

ガンコな汚れを直接洗浄エアコンクリーニングというと、室内にあるエアコンだけを掃除すればいいと考えていませんか。室外機の掃除を忘れている人は意外と多いようです。室外機の掃除も定期的に行う必要があることを覚えておきましょう。

室外機の汚れをじっくりと見たことがある人は少ないのではないでしょうか。室外機には枯れ葉や砂埃がたくさんついているのです。ペットを飼っている場合は、ペットの毛も絡みついているでしょう。

室内のエアコン以上に室外機にはたくさんの汚れがついていて、目詰まりしている可能性があるのです。室外機が汚れたままだと、風量が弱くなったり、最悪の場合は故障してしまうことも考えられます。

ですから、室外機もエアコンクリーニングをして、きれいにしておく必要があるのです。室外機の掃除にはブラシを使います。大きめのブラシと小さめのブラシを1本ずつ用意しましょう。100円ショップで売られているような、安いもので構いません。

まず大きめのブラシで大まかに汚れを落とし、小さめのブラシで細かい部分の汚れを丁寧に落としましょう。そしてぞうきんで水拭きをするだけです。大切なのは、ぞうきんの水分をしっかりと絞ってから拭くことです。室外機は水にとても弱いものです。ですから水をかけてしまうと壊れてしまう可能性が高くなります。

決して車を洗うときに使うようなホースで掃除をしてはいけません。 なお、業者にエアコンと室外機の掃除を依頼すると、割引をしてもらえることもあるようです。普段から定期的に掃除をしているという人も、1年に1回は業者にエアコンクリーニングをお願いしてはいかがでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ