Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

乾燥肌でじんましんがひどく眠れないくらいのかゆさはアレルギー?

アトピー肌のような慢性の肌荒れ
「寒冷じんましん・温熱じんましん」というじんましんがあるのをご存知ですか?これは冬になると起こるタイプのじんましんなんです。

「えっ、そんなじんましんがあるの?」と思われますが、私の姪っ子もこの冬特有のじんましんに悩まされていました。

ちょうど、冬の寒い時期に海のそばにある遊園地に遊びに行った時のことです。レストランで食事をしている時には全く問題なく、食べた物もじんましんが出るようなアレルギー性のものは含んでいませんでした。

なのに、レストランから外に出た途端、肌が赤くなり始めみるみる間にじんましんが顔の下半分に広がったんです。本人は「ほっぺたがむずむずする・・」という程度の感覚だったみたいですが、周りにいた大人は大慌てでした。

今でも(小学4年生です)冬になると顔にはしっかりとワセリン等のオイル系の保湿剤を塗って予防をしています。でも、どういった理由でこんなじんましんになってしまうのでしょうか? 寒冷じんましんの場合、冷たい風によって皮膚が冷やされ、じんましんが出てしまいます。

また、反対に、温熱じんましんは冷やされた部位が後に体温などで温められ、じんましんが出る症状です。じんましんが出てしまうとかゆいのでついつい掻いてしまいますが、掻く事によってじんましんの範囲をさらぶ広げてしまったり、より一層かゆみが増して行き・・という悪循環にもつながります。

きちんとした対策を取らないと乾燥肌の悪化にもつながります。 ただ、こういった寒冷じんましんや温熱じんましんは、乾燥肌だから必ず発症するという訳でもありません。まあ、たまたま乾燥肌の人が、たまたま寒冷じんましんや温熱じんましんを発症したということです。

でも、こういったじんましんの対策としては乾燥肌の保湿ケアなどだけでは、解消されないんです。特に小さいお子さんでしたらかゆみが我慢できず掻きむしってしまう事もあると思います。一度皮膚科などで寒冷・温熱じんましんについてきちんと診断をしてもらい、適切な薬を処方してもらって下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ