Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リラックスできて貧血にも効果的!?貧血に効く温泉の効能

貧血の人には飲泉が効果的貧血に高い効能をもつ泉質があります。俗に「婦人の湯」と言われる含鉄泉は、その名の通り鉄分を多く含み、貧血や冷え症、月経障害、更年期障害など、女性に多い症状に効果があります。

貧血の原因はいくつかありますが、貧血の多くは鉄分欠乏性貧血で、食事やサプリメントで鉄分を摂取することが大切です。その点からも、含鉄泉は入浴するよりも、飲泉するほうが、貧血の予防・改善により高い効果を発揮するといえます。

含鉄泉は、湧きだしたときは無色透明ですが、温泉に含まれる鉄分が空気に触れると酸化して、茶褐色のお湯になります。別府温泉の血の池地獄も、含鉄泉の一つです。 貧血症の人は、月経に何らかの悩みを持っている人が少なくありません。

含鉄泉は、身体を温める効果がとても強いので、冷え症にとても効きます。血行をよくして、身体の中からぽかぽかとあたたかくなるので、子宮の冷えも改善し、月経困難症などもやわらげてくれます。

飲泉するときは、できるだけ源泉から湧きだしたばかりの無色透明なお湯を飲む方が錆臭くなくて飲みやすいし、高い効果が期待できます。含鉄泉を飲んだ後、歯磨きやうがいをしないでお茶やコーヒーを飲むのは避けましょう。鉄分とタンニンが結合して歯に沈殿し、歯を黒くしてしまいます。

そもそも、カフェインは鉄分の吸収を邪魔するので、貧血症の人は普段から食後すぐにカフェインを多く含む飲み物を飲まない方がよいということを覚えておきましょう。

温泉の飲用と効能

温泉には飲用することで効能を得るものがあります。直接身体に取り入れるので、高い効果が期待できます。入浴と同様に泉質によって効能がいろいろあり、その効能は飲用と入浴では異なる場合が多いので、よく調べておきましょう。

一般的にどの泉質でも便秘や胃腸病などに効果があるものが多いようです。 すべての温泉が飲用に適するとは限りませんし、成分が強すぎるものはかえって身体に悪影響を及ぼす恐れもあります。飲用するときは、必ず「飲用許可」が出ている温泉であることを確かめて下さい。

あまり強い成分でなくても、体質や病状によっては逆効果になる心配もありますので、飲用温泉を利用したいと考えている人は、必ずかかりつけの医師に相談して下さい。

泉質によっては薄めてから飲むなど、飲み方が異なる場合があります。量もたくさん飲めば大きな効果が得られるというわけではありませんので、用法用量をきっちりと守りましょう。コップ1杯(200ml)が目安のところが多いようです。年齢によっても異なるので、必ず確認しましょう。

言うまでもないことですが、飲用する場合は新鮮な温泉の湧きだし口から汲んで下さい。味は飲みやすいものとは限りませんが、一気に飲まずに、ゆっくりと味わいながら飲む方がよいそうです。飲用するタイミングは、食前1時間くらい前が理想的なようです。眠る直前や飲酒後は避けましょう。 注意事項を守って入浴と飲用で温泉の効能を十分に感じて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ