Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

痩せすぎたら食べれば良い訳ではない!病院での拒食症の治療方法

信頼できる摂食障害の専門医拒食症が進行してしまうと、病院で入院治療をしなければならなくなります。拒食症の影響で体重が極端に減少し、栄養失調になっていますし、また、精神的に非常に強い強迫観念にも捉えられている為、自宅では健康の回復が望めない場合も多い為です。

また、患者本人はたとえ体重が30kgを切っていたとしても「まだ太っている」、「もっと痩せないとダメ・・」と考えてしまうことが多いので、家族のサポートだけでは回復は非常に難しいと思います。

拒食症が進行すると極端に体重が減少し、栄養失調状態が深刻化する為、様々な合併症が発症し始めます。痩せすぎたら、食べれば良いという簡単な事態ではないんですね。

拒食症で命を落とすこともある

入院をし栄養失調を改善しながら合併症や診療的な治療を続けていかなければなりません。入院というとなんだか重病患者のようなイメージがありますが、拒食症で命を落とす方も多いので、しっかりと入院治療を受ける必要があります。

入院による治療の場合、外出時にはスケジュール提出など、行動が細かく制限、チェックされるケースが多いです。(これが耐えられない方も多いようです)そして、これは拒食症を改善する上で非常に効果的でもあります。

食事のカロリーや運動量なども、専門知識を持った医師が全般的に管理、指導してくれるので、確実に体調が改善されてきます。

拒食症を早く治そうとあせらない

また「自分が拒食症だった・・」、「痩せすぎていた・・」と自覚できるようになると、かなり回復も期待できるようになります。そして、ある程度まで状態が回復したら、自宅療養をしながら外来治療を続けていくようになります。

たいていの外来治療では、薬物療法が取り入れられることが多く、気分を落ち着かせる薬などを用いながら、運動量、カロリー摂取などの指導を行い、拒食症改善をサポートしていきます。また、拒食症に悩む人同士で集まり話し合ったり、体験を共感したりする「グループ治療」が行われることもあります。

始めは少々抵抗があったり、照れくさかったりもするようですが、参加することにより「自分自身の症状と向き合い」、「体重や食に関する正しい知識」などを身に付ける効果が期待できます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ