Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエットによる拒食症~成功しているダイエッターとの違いは何?

太るのではないかという恐怖感拒食症は神経性食欲不振症による症状の一つです。(もう一つが過食症です。)この拒食症になってしまう原因は人によって様々ですが、「発端がダイエット」という原因が大部分を占めています。

ただ、誤解されるとこまりますが「ダイエット=拒食症の始まり」という訳ではありません。正しい方法で行うダイエットであれば、拒食症になってしまう事はありませんのでご安心くださいね。

では、正しいダイエット方法とはどういったダイエット法でしょうか。それは適度な運動、適度な食事制限です。これを実施した時に、無事目標体重に達し「成功する場合」と、目標体重に達せず「失敗する」場合があります。

「拒食症になり易い人=ダイエットに失敗した人」のイメージがありますが、意外とダイエットに成功した人にも多いのです。それは、目標体重を達成したことによって「もう少し行けるかも・・」と欲が出てしまうからなんですね。

それが最初は1キロ程度だったのがドンドン積み重なってしまうと「まだまだ、もっともっと・・」と「適度な食事制限」から「過剰な食事制限」になってしまいます。

それまでのダイエットに加え、少しきつい目の食事制限をしたところ、「翌日にさらに体重が減っていた・・」といった簡単なことから、「もっと食事を減らせば体重も更に減らすことができる!」と思い込んで実行に移してしまう事が多いからなんです。

そして、それまで以上に食事量を減らし、必要最低限のものしか食べなくなったり、カロリーが低いものばかりを食べたり、料理に油を全く使わないようになってしまいます。確かに、体が消費するカロリーよりも、摂取するカロリー量を少なくすることがダイエットのポイントになっています。

でも、人の体はただ生きているだけでもカロリーを消費しています。体の正常な運営の為には、食事では必要最低限の「基礎代謝」と呼ばれる分のカロリーを、確実に摂取しなければなりません。これすら摂取しないようになると、体に様々な悪影響が出始め、健康とは言えない状態になってしまいます。

また、過剰な食事制限を続けてしまった場合、体がだんだんと食事を受け付けなくなってしまいます。拒食症が重症化すると、それでも「まだ痩せ足りない・・」と満足出来なくなります。これは既に「ダイエットのやり過ぎ」ではなく、「精神疾患」と分類される症状です。拒食症の方の中には、「最初は気軽なダイエットだったのに・・」という方も意外と多いのですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ