Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

緊張するのを防ぐには?薬の効果がハッキリしない吃音治療

吃音を完全に治す方法吃音は病気としてとらえるのではなく、障害と言う観念でとらえられています。ですから、薬物療法もそれ程研究されていません。吃音の治療方法のひとつとして分類されてはいますが、薬物療法は、まだまだ発展途上の段階にあるようです。

ただ、パーキンソン病など、他の疾病がきっかけとなり吃音が発症した場合、その原因治療に薬物療法は効果的ですし、吃音も改善されます。ただ、他の疾病も無く、吃音症のみを抱えている場合、薬物療法の効果はまだまだわかっておりません。

例えばアメリカではジプレキサという抗精神病薬が一部の吃音者に対して、吃音を軽減させた効果が確認されています。また、交感神経β受容体遮断薬のミケラン、アルマール、インデラルなどは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と併用することで、壇上に立っての挨拶など、大勢の前で言葉を発するようなシチュエーションで、動悸や震えなどの身体症状などを緩和する効果があります。

ただ、吃音には効果のありそうなベンゾジアゼピン系抗不安薬には、注意しなければいけない事もあります。この薬は、筋弛緩作用の強弱によって違いは見られるものの、吃音症状が重症化してしまう恐れがあるのです。

また、ベンゾジアゼピン系薬物に慣れていない吃音者(特に女性の吃音者)には作用が弱いベンゾジアゼピン系薬物から始めた方が良いという報告もあります。長期的に吃音症状の重症化が続くというわけではありませんが、この種の薬を服用したことがない吃音者の場合、強弱によらず症状が悪化してしまう可能性が高いという見方がされています。

吃音症に薬物療法で効果があるのは、心因性の疾患を併発した時などです。疾病ではありませんが、吃音症がきっかけとなってうつ病などになってしまった場合、うつ病自体に効く薬物療法は多く開発されています。

また、うつ病とまではいかなくても、吃音による心因性の症状は併発しやすいです。さらなるストレスを解消する為に薬物療法がおこなわれているのが現状のようです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ