Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

間取りや防犯にも気をつけたい部屋探しのコツ

新築のマンションのチェックポイントネット化が進み、住宅情報などもインターネットの賃貸物件情報サイトで簡単に検索する事が出来るようになりました。忙しい人にとってはありがたい話です。

実際、ゆっくりと不動産屋巡りをする時間も無く、限られた時間内で物件を探さなければならない人も多いので、こういったインターネットなどの賃貸物件サイトは非常によく使われています。

また、インターネットの場合、豊富な情報量という利点もあります。近くの環境や建物全体の雰囲気、部屋の間取り写真など実際に現場に行かなくても大体の情報を得ることができます。

でも、これが落とし穴になる事もありますので、注意して下さいね。それは、インターネットの情報を鵜呑みにして、ちゃんと下見をしないままに引越し先を決めてしまう人も多い・・ということなんですね。

別にインターネットに掲載されている情報が間違っているという訳ではありません。でも、イメージの受け取り方というのは千差万別です。たとえ引越しの準備が忙しくても、また、例え引越し先が遠隔地であっても、下見は必ず行っておいたほうがいいと思います。現場に行ってみなければわからないことはたくさんありますよ。

よく「駅から徒歩~分」という宣伝文句がありますが、治安の良くない通り道であったり、近くを通る電車の音がうるさい事もあります。それに実際住む部屋の状態も写真では見極められない物がたくさんあります。

部屋自体の雰囲気、明るさ、使い易さ、導線などは自分で体験しなければ納得出来ませんよ。インターネットで十分検索し、気になる物件を複数に絞り込んだら、その次は実際に下見をするようにして下さい。住む部屋は一日のストレスを和らげ、そして次への活力を与えてくれる空間です。部屋で生活する事がストレスになるような部屋では快適な生活は送れません。

そのためにも、下見で家の中を見る時には、風通しや日当たり、建物の臭い、音の響きなどインターネットでは得られない情報を得られるよう、細かいところまで確認して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ