Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

問題を解く力よりも「考える力」が今は必要!

入試の出題傾向以前の受験勉強は、ひたすら問題集の問題を解いて、問題そのものを覚えて行くタイプではなかったでしょうか?

電話帳サイズの分厚さのある問題集を姉が解いていたのを私も覚えています。でも、社会情勢の変化や、社会に求められる人材の変化の影響か、最近の中学受験の入試内容には、「考える力」が試される傾向にあるように思います。

ひたすら問題を解いて、パターンとして覚えるのではなく、問題をよんで考える事が求められているんですね。でも、この「考える力」、実際にはどういうものなのでしょうか。

大きくわけると「自分で法則を探し出す・自分の考えや興味を持つ・自分の表現力・思った事をわかるように伝える記述力」などです。それを試験の内容として反映させると、次のような形になると思います。

  • 今まで学習してきた法則や公式、解答パターンだけでなく、積み重ねた総合的な知識を応用・活用するような算数の問題
  • 文章を読んで、自分はどう思い・どう感じたかを表現し、記述する国語の問題
  • 理科や社会など、社会の一員として理解しておくべき一般的な常識内容についての問題。
  • 似たような解答の中から正解を選ぶ選択問題=問題を注意して読みとる力が必要になります。

以前の出題傾向からは少し異なり、子どもの素質を見極める試験になってきています。こういったタイプの試験では、どの問題も、それ程難しい知識を必要としないのですが、自分自身の力を試されます。問題をひたすら解いて覚えていく、今までのパターン学習ではその問題の答えを導き出すのは困難ではないでしょうか。

問題の意味の理解・正解を導き出すポイント・それらを整理しながら解答する。記述問題では、相手に伝わる内容を考えながら文章にしていきます。これらが「考える力」なのですね。 対策としては、過去問題などを利用して問題に慣れておくことですが、。

パターンや法則のように覚えて見に付けて行くものではありません。問題へのアプローチの仕方・解答を導き出すポイントの見つけ方などをそこから習得していくのです。また、自分の考えを記述する問題では表現力が重要なポイントになってきます。作文練習や文章の要約練習などを通して、文章で自分の考えを伝える技術の習得も忘れず行って下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ