Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

建築士の資格はどうやって取得できる?1級と2級では何が違う?

不況でも人気がある2級建築士の資格「1級建築士」という言葉をよく耳にしますよね。でも「1級」という事は当然、「1級以外」もあるわけで・・。その違いって何なのでしょう?

もちろん、資格取得の難易度の違いはあると思いますが、1級と2級では「仕事内容」にどんな違いがあるのでしょう。ということで調べてみました!

まずは「資格の違い」。資格試験は年1回行われており、1級、2級、木造などにわかれています。(本当はもっと細かくわかれています)では、具体的にその「違い」についてご紹介します。

1級建築士:
延べ面積が500平米を超える学校や病院の設計・工事管理ができます。

2級建築士:
延べ面積が500平米未満のものの設計・工事管理のみ

木造建築士:
木造の建築物に関する設計や工事管理(1階、または2階建てで延べ面積300平米以下)

そもそも建築士は、「建築物の設計などを行うことができる人」のことです。建築物の設計などを行う場合、必ず建築士免許を持っている人が行わなければなりません。まあ、誰でもきちんとした耐震知識などのない人が建てた家には住みたくはないですよね。なので、建築士資格は国家資格となっています。そして受験資格も結構細かくきまっているんですね。

具体的な内容としては大学や高校の建築の専門教育を受けたり、実務経験が数年間必要になる場合(1級建築士)などがあります。 実際に建築業に携わる方が非常に多い資格ですが、住宅業界に就職する場合でも建築士の資格を取得していると非常に有利になったり、社内キャリアアップにつながることも多いといわれています。

難易度の高い資格ではありますが、取得する価値は十分にある資格ですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ