Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

目のかすみや疲れを感じる人が見逃す乱視の症状

気になる視力の低下視力検査を受けると必ずチェックされるのが乱視の具合です。この乱視があるとないとでは目の疲れに非常に大きな違いが生じてきます。

では、そもそも乱視とは一体どんな状態なのでしょうか? 目が乱視を引き起こしている場合、目の奥の網膜に視線の先のものがぼけた状態で映し出されるようになります。

このぼけて見える程度というのは、乱視度数の大小によってことなってきます。そしてぼけた画像は視神経を通じて脳に伝達されます。ここでぼけ方が小さい場合は脳で鮮明な画像に直されます。(ありがたい機能ですよね)

なのである程度軽度なレベルの乱視であれば、特に矯正をする必要はありませんし、目の疲れもそれほど感じないと思います。でも、乱視の度が酷い場合、つまりぼけ方が大きい乱視を引き起こしている場合には、矯正をしなくてはなりません。

「ちゃんとある程度は見えるから・・」とこの状態の乱視を放っておく方も多いのですが、これはあまり良くありません。重度の乱視は脳が画像を正しく直すことが不可能となり、見えづらさが取り除かれなくなります。

そして脳が視線の先にあるものがぼけているのを察知すると、ピントが合っていないと認識し、ピントを調節するよう目に対して命令を送ります。乱視が酷い場合、脳からの命令を受けてもピント調節は不可能になってしまいます。にも関わらす、目はチョットでもピントを修正しようと筋肉を動かし続けます。

これでは疲れ目になるのも当然ですよね。「乱視を矯正をしない限りは目の疲れが解消されることはない」というのもこういう仕組みがあるからなのです。乱視があって、見えにくさを実感していても放置しておくと、疲れ目も悪化しますし、頭痛、肩こり、首のこりなどいろいろな症状に悩まされるようになります。

一般的には専用のメガネやコンタクトレンズが乱視の矯正法となっています。多少の煩わしさはありますが、目を守るためにもぜひ、矯正するようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ