Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

病院によって違う出産費用

利用したい出産育児一時金赤ちゃんができると楽しくなるのが出産準備。でも、出産自体にも費用がかかりますから、しっかりと計画的に「予算」を組み立てて下さいね。

妊娠から出産、そしてその後の子育て、いろいろと物入りにもなります。おおよその費用をしっかりと把握しておくことが大切ですよ。ということで妊娠から出産直後までにかかる費用をざっとまとめてみました。

病院関係

妊娠および出産は病気ではありません。原則として自由診療の扱いとなりますから、健康保険は適用されないんですね。つまり妊娠中の検診、分娩、入院費用などは全額自己負担となります!金額の目安以下の通りです。

妊娠検査・診察:10,000円

初診料:10,000円

定期検査:5000円(1回)×15回=75,000円

超音波など各種検査料:30,000円

母親学級などの受講料:20,000円

これらを合計すると約15万円になります。

分娩入院費

6日間の入院として4人部屋に入った場合45万円程度になります。(これは産院によって大きく異なることもあります) この金額は平均的なものであって、母体や新生児の健康状態によっては費用が前後します。

出産育児用品の準備費用

マタニティウエア・マタニティ下着・寝間着などで2~3万円、赤ちゃんの衣類が2~3万円、赤ちゃん用寝具が2万円、入浴セット、哺乳瓶、衛生用品、紙おむつなどで3~4万円、全部を合計すると12万前後になります。

また、ベビーバス、ベビーベッドはレンタルがお得です。(月額3千円~8千円程度です。)以上の費用を合計すると、72万円前後になります。 ・・なんとも結構な金額ですね。でも、出産には、健康保険から出産育児一時金として40万円前後の助成金が受けられます。

自分で申請しなければ受けられませんが、病院にこの助成金が支払われ、かかった費用の差額分だけが自己負担となります。(昔は出産後に助成金が支払われていたので、一旦は全額支払う必要があったんですよ~。)

まあ、入院出産費の40万円分は国が負担してくれる・・という事になりますから、実際に用意する金額はかなり減ると思います。でも、「それ以外」の出費も割とかかりますよね。妊娠が分かってから始める出産準備、これには「マタニティ貯金」も入れる必要がありますね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ