Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

いつ産まれるか不安?赤ちゃんは出産予定日どおりに産まれてこない

赤ちゃんは生まれるときが来たら生まれる「赤ちゃんができたの」と聞くと「いつ産まれるの?」と必ず聞き返してしまいますが、この出産予定日というものは本当に合っているのでしょうか。

子どもが欲しい!と性行為をし、無事着床したとしても、限定出来るのは受精卵が着床した時期であって、お腹の中での赤ちゃんの成長についてはまさに「赤ちゃん次第」なところもあるからなんですね。

赤ちゃんがお腹の中で育つ期間は昔は「十月十日(とつきとおか)」と言われていましたが、実際にその日数分、赤ちゃんがお腹の中にいるという事でもありません。むしろ、十月十日で出産した方の方が「すごい偶然」なわけです。

病院では、最後にあった正常な月経の初日を基に、280日後を「仮の出産予定日」としています。毎月、きちっと月経があったり手帳などにメモを取っている方ならわかりやすい方法かもしれませんが、月経が不規則な人や正確に覚えていない人にとっては「本当かな・・」と思ってしまいますね。

でも、大丈夫ですよ~。だいたい妊娠8週~11週頃に行う超音波検査によってお腹の赤ちゃんの大きさがある程度わかります。そしてその成長を目安に出産予定日が決定されるのです。また、「妊娠○週」という数え方は出産予定日と同じように、正常な最終月経の初日をスタートとし、赤ちゃんの成長日数を週で数え、4週ごとに「妊娠○か月」と月齢が増す数え方です。

なので「もしかしたら妊娠かも・・」と病院に足を運んだときには、すでに何週か経過しているのが一般的なんですね。妊娠一週目というのは通常ではほとんどありません。ただ、超音波検査で決定した出産予定日であっても、赤ちゃんの成長具合は個人差があります。

予定日ぴったりに赤ちゃんが生まれることはあまりないですし、確率でいってもだいたい20人に1人程度なんですよ。 つまり、出産予定日は目安です。前後2週間くらいずれても大丈夫なように予定日よりも少し早い目に準備をしておく方が安心出来ますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ