Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子どもができた時、利用出来る医療費助成制度

子育て世帯の経済的負担を軽減赤ちゃんができた時、働いている女性にとっては「仕事を続けるか・・」ということで悩む人が増えています。

もちろん、購入した家のローンの為に、悩む余地なく仕事を続ける事を決めておられる方も多いです。ただ、妊娠期間中、そして産後の育児期間、保育園の入所許可が下りるまでの待機期間・・、それぞれにいろいろな問題があります。

特に妊娠2か月の後半頃から4か月になる頃までは、つわりで体調が悪くなりやすいですし、体自体が急激な変化で体調が変わりやすい時期でもありますから、仕事を休まなければならないこともたくさんあります。

上司や一緒に仕事をする人たちには、できるだけ早い目に妊娠したことを知らせて下さいね。

職場には職場の都合もありますから、そのほうがお互いに気持ちが楽ですよ。 なお、仕事内容によっては、妊娠・出産との両立が難しい場合もあります。その場合、出来るだけ早く部署の変更や仕事量の調整を願い出るようにして下さいね。

産休中の収入をカバーしてくれる制度

次に妊娠から産後までに利用出来る制度ですが、これは公的なものと各会社によって個別に設定されているものがあります。公的なものとしては一定の勤続期間を満たしていると、産休に対する「出産手当金」と育休に対する「育児休業給付金」があります。

申請方法などが決まっていますし、手続きに必要な書類もいろいろありますから、住民票の準備など役所の用事はまとめて済ませておいてください。また会社によって設けているものとしては、出産前から勤務時間を短縮できる制度や、特別の有給休暇制度などがあります。活用できる制度や福利厚生は、気兼ねすることなく最大限利用して下さい。

また、保育園ですが、出産予定日によっては事前申し込みができる場合もあります。こういった情報は自力で集めるしかありませんから、妊娠期間中にしっかりと情報収集をスタートさせておいて下さい。出産後の仕事の続行を決意したならば、勤務先の担当者に伝えて、いろいろな手続きの準備を始めて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ