Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冷え症で受診するなら病院はどこの科にいけばよいのか

冷え性に効く漢方薬冷え性は世界中の女性の悩みだと思っていた私。でも、実際には中央アメリカなど、年間を通じて気温が温暖で湿度の低い国々には、そもそも「冷え」という概念すらないんですね。だから「冷え性」に該当する単語もないそうなんです。なんて幸せな人達なんでしょう!

だから、西洋医学では冷え症に対する治療法が確立していない・・ということ。それに日本の医療も西洋医学が基盤。日本人女性の多くが冷え性と低体温に悩んでいるのに受診科すらない病院が多いんです。

ただ、最近ではこういった日本の病院も変化しつつあります。というのも冷えと低体温に悩む人が年々増加傾向にあり、子どもや男性でも冷えの症状が出る人が多くなって来ているからなんですね。では、その受診科は「何科」でしょう?

大学病院や大きな総合病院では、冷え性の専門外来を設けているところも出てきました。また、婦人科や内科でも助言やアドバイスをもらえるようになってきているみたいです。 ではその治療法は?

食事や運動などの生活習慣の指導が基本となっています。また、薬による治療もおこなわれており、すでに婦人科では漢方薬を使った治療も行われています。また、これ以外にも血行の促進とともに自律神経やホルモンのバランスを整えるための薬を使った治療もあります。

ただ、先述したとおり冷え性そのものが「病気」としてはとらえられていないため、病院によっては「保険診療」とならない場合もあります。 病院で診察を受けるときにはあらかじめ治療計画と費用についても確認しておいてくださいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ