Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冷えは万病の元!体の不調は病気の前兆

血行の巡りをよくしてあげる東洋医学においては、昔から「冷えは万病のもと」とされてきました。さまざまな病気の根底に冷えがあるとして、治療の対象になっていたのです。けれども、西洋医学では「冷え」という概念はなく、「冷え性」に該当する言葉もないのが現実です。

だからといって、冷えをあなどってはいけません。冷えは、肩こりや腰痛、不眠や肌荒れだけではなく、さまざまな病気の原因になってしまうこともあるのです。

例えば、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、花粉症などのアレルギー性疾患や自律神経失調症や関連の疾患、慢性関節リウマチおよび合併症や慢性、急性の気管支炎、膀胱炎などの泌尿器系の病気や子宮内膜症や不妊症などの婦人病などは、冷えが原因で引き起こされたり、症状が重くなる傾向があります。

これらの病気の直接的な原因が冷えであるとは断定されていませんが、慢性的な冷えによって、症状が悪化することや発病することがあるのです。ですから、体質的に冷えを持っている人は、症状の軽減につとめ、予防対策をとるようにすれば、病気の予防や症状の緩和をすることができるはずなのです。

慢性的に冷えの症状がある人は、新たな不調や病気の兆候に気づきにくいものです。いつもと違うつらさがあったり不安を感じたら、病院に行くことをお勧めします。この程度で病院に行くのはと迷ってしまうかもしれません。 けれども、病気であるとはかぎりませんが、病気ではないということがわかれば安心ではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ