Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まずどこから手を付ければいい?浴室の大掃除

カビ取り洗剤意外と掃除箇所の多い浴室。毎日、沢山の水を使っているのです。ここの汚れには水垢だけではなく皮脂汚れや湯垢、石けんカス、カビなど様々な汚れがあります。

手間をかけたくない方は、40度くらいの残り湯にクエン酸をコップ一杯ほど入れてかき混ぜ、石鹸置きや桶などを入れて浸けておきます。3時間ほど放っておくだけできれいになるのでおすすめです。

浴室の天井の掃除も気になるところです。柄の長いモップに薄めた洗剤をつけ、そうっと天井をこすります。その後、泡を落としたスポンジで天井の泡をとり、仕上げに床掃除の使い捨てモップなどでふき取って下さい。

私は一度、邪魔くさくなってシャワーで天井の泡を落とした6のですが・・。その後2時間ぐらいは浴室に入れず(水滴がすごかったんです)痛い思いをしました。気を付けて下さいね。 浴槽、天井が終われば床と壁掃除です。意外と上の方の壁は汚れているんですよ。

スポンジに洗剤を付けてしっかりこすり落として下さい。また、床も硬い目のブラシを使いピカピカに磨いてくださいね。湯垢、皮脂汚れ、カビなどの汚れで床はくすみやすいです。また、目地が汚れているとくすみが消えてもすっきりとした感じにはなりません。

たわしやブラシの先を使って目地までしっかり綺麗にして下さい。 また、湿気の多い浴室はカビの温床にもなっています。塩素系漂白剤を使ってカビ落としも忘れず行って下さいね。換気を良くし、必ず手袋やマスクなどを装着して下さい。

気分が悪くなることがありますよ。 大きな箇所の掃除が終われば、最後は蛇口などの細かい部分です。洗面器やお風呂用イス、シャンプーラック、浴槽フタ、シャワーヘッドなどの汚れを落とし、排水パイプも忘れずにチェックです。浴室掃除で疲れた体を、キレイになった浴槽でゆっくり休めて新年に備えて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ