Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

狭くても広くなる!?風呂場と脱衣所の収納術

クエン酸で掃除してカビ予防風呂場の中、外の脱衣所、それぞれ収納スペースは工夫次第で広がって行きます。では、どのようにして有効活用する事ができるのでしょうか?まず、風呂と脱衣所の状況を確認し、使えそうな収納術をやってみましょう。

まず、風呂は床と壁に分けて収納術を考えると分かりやすいですね。家の風呂場の床に雑然とシャンプーなどを置いていたり、壁を全く利用していなかったりしていませんか?

これではスペースを有効に使うことができていません。ステンレス製、プラスティック製などのラックが多く市販されていますので、これを利用しシャンプーなどを置くようにして下さい。

これだけで、シャンプーや石鹸などがスッキリとまとめることができ、床部分が広く使えるようになります。このラックはカランの上にも置けるタイプが出ていますので、それを使えるとさらに風呂場の床をゆったりと使えるようになります。

また、散らかり易いタオル、スポンジ、などは吸盤式のフックを壁に取り付け、そこに掛けるようにすると取り易く便利です。ただ、ユニットバスの場合は充分なスペースがないので、これらの方法が出来ない事もあります。

その場合は、シャワーフックに取り付けるだけ棚式のラックがありますので、そこにシャンプーなど色々なものを置くことができますよ。少しでもゆったりと風呂場が使えると、それだけでストレスが流されていくように感じられますよね。

さて、次は脱衣所です。衣服を脱ぐだけでなく、タオルなどこまごましたものがあります。ここには2段か3段のランドリーバスケットを置くとまとまりが良くなりますよ。ただ、湿気が多い場所ですので、通気性の良い物(籐などがおススメです)を選ぶようにしてくださいね。キャスター付きのものを選べば移動がしやすく、掃除も簡単にできますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ