Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コラーゲンを食べるとそのまま肌のコラーゲンになるの?

コラーゲン、以前から化粧品などに配合されている商品などが多く出回っていましたが、最近の主流になっているのが、美容飲料として経口摂取する「コラーゲンドリンク」と、美容食として「食べるコラーゲン(ゼリータイプや粉末タイプ)」です。

この二つ、成分的にはそう違いがありませんが、まあ当然なことながら「飲む」と「食べる」という違いはあります。では、それぞれのメリットはどうなっているか、ここで違いを比べてみますね。

飲むコラーゲン:

美容成分をたっぷり配合したドリンクで、ジュース感覚で飲む事ができます。また、コラーゲンは使用原料によっては特有の匂いがする事がありますが、フルーツジュースを配合するなどしてその特有の匂いが気にならないように工夫されています。

食べるコラーゲン:

(1)粉末タイプは水に溶かしたり、料理に加えるといった一手間が必要になってきます。また、飲み物に溶かすことでコラーゲンドリンクと同じように飲むこともできます。調味していないことが多く、ジュースやコーヒー、紅茶など、溶かして飲んでも飲み物自体の味を損なわないようになっています。

また、和風だしや鶏白湯スープをベースにしたコラーゲン鍋などは、冬の時期に女性のみの「女子会鍋」などの大人気メニューにもなっています。

(2)ゼリータイプのコラーゲンゼリーは、ドリンクタイプに比べるとコンパクトで、アルミパックなどの個包装になっていますので持ち運びに便利で、どこでも摂取する事ができます。味はドリンクタイプと同様、フルーツ味などに加工されているので違和感なく食べられると思います。 コラーゲンドリンクに比べ、粉末タイプやゼリータイプは比較的低価格になっています。

1週間のうち、ドリンクタイプは週2回、パウダータイプを残りの週に摂取するなど、いろいろな方法でパターンを組み合わせることで定期的にコラーゲン補給をすることもできます。自分の生活タイプにあったパターンを見つけてみて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ