Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

福を呼ぶ招き猫が左手を挙げている由縁

福を招くものお商売をしている家などでよく見かける「招き猫」。お店の入り口が「定位置」のイメージがありませんか?

この開運グッズの定番とされる招き猫、一体どんな力を持っているのでしょう。もともと中国から渡って来た猫は貴族の家で飼われていた「セレブペット」。でも、それがドンドン増えて行き・・ついに猫は、大切な米などの農作物を食い荒らすネズミを退治する「庶民の味方」になったのです。

日本では本当に昔から猫は親しまれてきた動物だったんです。でも、伝説の生き物である「龍」が神様としてあがめられるのは何となくわかりますが、今でも家の周りをうろついている「猫」がいつの間に「招き猫」として開運の象徴になったのでしょう。

招き猫の起源はいくつかの説があり、有名なのは「自性院の説」と「豪徳寺の説」ですが、広く知れ渡っているのは豪徳寺説の方です。

ここでちょっとだけ、そのさわりをご紹介します。江戸時代に彦根藩主の井伊直孝が鷹狩りの最中、寺の前に差し掛かった時に、豪徳寺で飼われていた猫が手招きしているように思えて寺で休憩することに。するとその直後に雨が降り出して雷雨に見舞われずに済んだとのこと。

これに感謝した直孝がお寺に多額の寄進をし、そのお陰で荒れ寺だった豪徳寺は復興、猫の飼い主だった和尚は猫が死ぬと手厚く葬りました。後年、「招猫堂」が建てられ、招福猫児(まねぎねこ)が作られるようになる・・、これが招き猫の起源と言われています。さて、ここで質問です。

招き猫の挙げている「手(足)」、どちらの手(足)を挙げているかによって意味が変わってくるのですが、それぞれの意味をご存知ですか?

右前足を上げるのは金運を、左前足を上げると人を招くとされているんですよ。また、京都の称念寺には「白と黒の招き猫」があります。イメージ的には白は「良い」、黒は「悪い」ですが、この招き猫の場合、白は「福を招くもの」、黒は魔除けの力があるとして「病を防ぐもの」として珍重されています。

また最近では時流にのって、恋愛成就のためのピンクの猫、学業や交通安全によい青い猫なども登場するようになりました。昔ながらの開運グッズがどんどん消えていく中、今も変わらず人気を誇る「招き猫」、運気アップのために玄関やお部屋に置いてみてはいかがでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ