Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

体が太りやすくなってきたら?夕食は寝る3時間前に済ませておこう

脂っこいものは食べない太らないためには、夕食の時間を早めにする方法が効果的です。ダイエットの方法にもあるように、寝る3時間前までに夕食を済ませると、脂肪の蓄積を防ぐことができます。

私もワインが好きでよく飲みますが、深夜に食べ過ぎると目がさえて眠れなくなります。しかし、仕事などの関係上、どうしても夕食の時間が遅くなってしまう人もいるかもしれません。そいう言う人でも、生活習慣を変えられないからと諦める必要はありません。

遅い時間に夕食を食べる場合は、太らない食べ方を取り入れることで、体重の増加を防ぐことが可能です。まず夕食が遅くなる時は、かなりの空腹感を抱えているものです。昼食を12時から1時の間に食べた場合、夕食が遅くなればなるほど空腹感は強くなります。

空腹感が強い状態で食事をすると食べ過ぎに繋がりますし、カロリーの吸収率も高くなるため、太りやすくなってしまいます。そこで、夕食が遅くなりがちな人には、夕方頃に軽い食事を摂る方法がお勧めです。

できれば夕方の軽食でおにぎりなどの炭水化物を摂っておき、夕食時には野菜など軽めのおかずで済ませると、太らない体づくりにも効果的です。食事の回数を増やすと太ってしまうのではないかと思われがちですが、回数を分けて少なめの量を食べる方法は、ダイエットにも有効だとされています。

また夜遅い時間に摂る食事は、カロリーにも気をつけた方がいいですね。私は食事に気をつけるようになってから、すっかり風邪をひかなくなりました。遅い時間に高カロリーのものを食べてしまうと、どうしても睡眠中に消費しきれず、脂肪となって蓄積してしまいます。春雨などは低カロリーで満腹感を得られますから、遅い時間のおかずとしてもお勧めです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ