Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴルファーの悩み!ボールが曲がるドライバーショットは練習不足?

ゴルフを始めて1年女性と男性には体格差というものがあります。また、上背や筋肉量も異なりますので、どうしてもパワーが異なってしまいます。そのため、ドライバーの飛距離自体も異なってくるんですね。

では、女性にとってどれぐらいが平均的な飛距離なんでしょうか。一般的なアマチュアの女性ゴルファーの平均は大体170ヤード前後と言われています。(女子プロゴルファーですと200~250ヤード前後だそうです!!)

男性に比べると「170ヤードではちょっと心もとない・・」と思われるかもしれませんが、女性の場合フロントティ-(レディ-スティ-)からプレイ出来るので、170ヤード前後の飛距離があればそれ程困る事はないと思います。

でも、だからと言って安心していてはダメですよ。飛距離が足りないと困る場面もあるからです。例えば、パー3でワンオンできなければ相当不利になってしまいますし、パー4やパー5などで池越えやバンカー越えが出てくることもあります。

飛距離が伸びないためにコツコツを刻む状況になってしまうとスコアに大きく響いてしまいます。ではどうやって飛距離を伸ばすことができるのでしょうか。もともとプロはヘッドスピードが違うので、ちょっとやそっとの練習や工夫でアマチュアゴルファーが同じ飛距離を飛ばすことはできません。

でも、正しいスイングフォームを心がけることで無駄な力や動きが減少し、スイングのパワーをボールにしっかりと伝えることができます。基本中の基本ですが、(1)腕に余計な力をかけない。(2)握りしめないという事が肝心です。腕に余計な力が入っていると、ボールにその力が上手く伝わらず飛距離は伸びません。イメージとしては腕を使うのではなく、体全体の遠心力を使う間隔でしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ