Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

怪我を避けるためにも重要!自分に合ったランニングシューズの選び方とは?

安定性の高い走りを目指す
さて、あまり準備物を必要としないランニングですが、やはり靴だけはしっかりと選んで欲しいものです。まあ、サンダルやヒールのある靴でランニングをする方はおられないと思いますが、底の薄い靴や普通の紐靴では足への負担が心配です。

ある程度底に厚みがあり、弾力性に富んだ靴の方が衝撃を吸収してくれるので、膝や腰にも負担がかかりにくいですよ。ランニングをはじめる前に必ずランニング用のシューズを用意するようにしておいて下さいね。

ところで、どんなランニングシューズがいいのでしょうか。安全に走るためには、当然、足にピッタリなマラソンシューズでなければなりません。サイズなどが足に合わないと、足に負担が掛かり、踵や膝を傷めたりケガの原因にもなってしまいます。では、ここでランニングシューズを選ぶ時のチェックポイントをご紹介しますね。

フィット感
足のサイズが合わない靴は普段でも辛いですよね。踵が浮いてしまったり、つま先がきつくなり痛みを伴ったりします。当然、足が非常に疲れやすくなってしまいますし、腰やひざを痛めてしまう原因にもなります。また、足にきちんと靴があっていないと捻挫も起こし易いので気を付けて下さいね。 ショップでシューズを買う時には必ず試着(?)して下さいね。

足へのなじみ方
シューズによって履き心地は微妙に違っています。自分の好みもあるとは思いますが、足が楽な靴を選んで下さいね。一番良いのは靴底が土踏まずのカーブに沿っていて、つま先に5mm~1㎝程度のすき間がある状態です。 履き口が狭いと履く時も大変ですし、締め付け感を感じてしまう事もあります。

かといって緩すぎると、足が固定されないので、足首を痛めてしまい易いです。 また、アキレス腱やくるぶしに靴の上辺があったってしまうと踵を傷めてしまいます。いろいろと試し履きをしてみて、自分の足先、踵、アキレスけん周辺のなじみ方をチェックしてみて下さい。

足の幅
日本人は足幅の広い方が多いんですね。なので「ワイズ(足囲」)などのサイズをしっかりと測定してくれる靴の専門家、シューフィッターがいる販売店で買うのも安心出来ておススメです。

足の状態
買いに行く時間は夕方がおススメです。というのも夕方は足がむくみやすいからなんですね。これはマラソンを走った足に近い状態に近いので、より足に合った靴が選べますよ。

価格
大体、1万円前後のものが、品質的にも機能的にも初心者向けで手頃ではないでしょうか。

私は最初、「どうせ続かないかもしれないから・・」と2000円のシューズを買ったのですが、走っていて腰を痛めてしまい整形外科に通った経験があります。続かないかもしれませんが、やはり最初からある程度の品質を持った靴を選ぶようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ