Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過食治療にこんなにかかるの!?だけどそれでも・・・

食べた後に罪悪感に苛まれる過食症が進行し、病院に通って改善を図る場合、心理療法と薬物療法が主体となります。順番としてはまず心理療法がおこなわれ、それでも効果が期待できない場合に薬物療法となります。また、薬物療法の場合、薬を処方して終了という訳ではありません。

薬物療法と併行してカウンセリングが行われることも多いです。 過食症の症状によって通院頻度や費用が異なっていますが、一般的に週に一度や二度、一ヶ月に一度のサイクルで行われる事が多いようです。

一回の診療にかかる費用ですが、保険適用になっていますので大体2,000~3,000円程度ではないでしょうか。(初診費は除く) 処方薬費も服用日数や種類によって違っていますが、およそ1,500~4,000円くらいの幅で考えておくと良いと思います。

過食症は精神疾患でもあるため治癒に時間がかかる病気です。完全に治すためには、多くの時間と費用がかかることを覚えておいて下さいね。

早期発見であれば、通院回数や使用する薬の日数も少なくて済みますし、回復も早いです。 過食症で薬物療法を行う場合、薬代、診察代に加え、カウンセリング利用代金が加わることも多いです。というのも、薬物療法だけでは治癒が難しいからなんですね。このウンセリング料金は大抵、治療費よりかかると言われています。

また、過食症を扱っている病院、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどが近くにない場合、その科がある病院にまで出向かなければなりませんので、さらに交通費が上乗せされることになります。

トータルするとかかる費用と時間はかなりの物になります。これがネックになって長く通院することが無理になったり、治療を受け続けるのが億劫になってしまい、途中で放棄してしまうケースもしばしばあります。

薬物療法を受けている場合、その薬は精神の安定を保つための薬の事が多いです。自分の考えだけでストップしてしまうと非常に危険ですので、必ず通院を辞める時にはその旨を事前に医師に伝えるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ