Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

赤ちゃんが生まれてから慌てない出産費用の準備

出産費用はどれくらいかかるのか出産は意外とお金がかかります。というのも、妊娠中の検診、母親学級等の参加費、出産時の入院費用、ベビー用品の準備・・、これら全てを含めると、だいたい60万円~80万円が必要になってきます。

出産は保険がききませんから全て実費になります。前もって用意しておく方が安心ですね。

ただ、出産は国からの公的助成金がうけられます。(国の政策により変化することもおおいですが・・)いま、深刻な問題となっている少子化をくい止め安心して出産・育児ができるように・・と、国や自治体では公的助成を充実させてきています。

申請に必要な書類を早めに準備して、十分に活用して下さいね。では、その出産助成金、いくら貰え、そしていつ貰えるのでしょうか。まず主な公的助成金には、以下のようなものがあります。

出産育児一時金
住んでいる地域にかかわらず一律で給付。給付金額は、企業の社会健康保険でも国民健康保険でも区別がなく、1人の赤ちゃんに対して42万円(もしくは39万円)となっています。出産育児一時金は、原則として「協会けんぽ」あるいは「健康保険組合」から医療機関に直接支払われ、加入者は差額を支払う仕組みになっています。

つまり助成金以上にかかった医療費(入院、出産費)を払えば良いんですね。もちろん、実際に掛った医療費が助成金を下回っている場合は、差額分が支給されます。

出産手当金
出産する人が働いている場合、産休に対する「出産手当金」と育休に対する「育児休業給付金」が受け取れます。出産手当金の適用期間は、出産日から42日前(多胎の場合は98日前)から出産後56日目までで、会社を休んだ日数が給付対象となります。(けっこうな額がうけとれますから申請忘れの無いようにご注意くださいね)

育児休業給付金は、休み前の給料の50%を子どもが満1歳になるまで受け取れます。 また、給付金はそれぞれの勤続年数などによって給付条件が定められているので、勤務先で確認しておいて下さい。ほかにも、「乳幼児医療費助成」や「保育料助成」などさまざまな制度がありますから、出産準備の一環として市役所の窓口で確認して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ