Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

筋肉痛は年を取るほど遅れてやってくる

筋肉痛が発生するまでの時間年齢の違いから筋肉痛の発症が遅れると言われていますが、そうではないようです。年齢が低いから、筋肉痛がすぐに起るわけでもなく、年齢が高いから、遅れて起こるわけでもありません。

これは、筋肉に与える負荷の大きさが原因と言われています。活発な戸外活動や適宜なスポーツをすると、翌日以降に筋肉痛を起こすことがありますが、筋肉に与える負荷の大きさは、人それぞれ違いがあるのです。

普段から体を鍛えている人と、あまり運動をしない人を比較した場合、同じように筋肉を使っても、与える負荷の程度が全然違います。同じように、年齢を重ねると日常生活でも疲れの度合いが違ってきます。

少々歩いただけでも息切れがするとか、重いものを抱えると腕が痛くなるなど、筋肉に与える負荷の程度が変化します。一般的に、筋肉への負荷が大きくなると、その分遅れて筋肉の痛みが起こると言われています。

ですから、高齢になると、少々の運動をしても筋肉への負担が掛かってしまいます。年齢を重ねると少々の運動をしても、筋肉への負荷が大きくなるので、後々から筋肉痛が現れるというわけです。

体力がなくなったと感じたら、日頃から適宜な運動や活動を取り入れるようにしましょう。知らず知らずのうちに筋肉が鍛えられ、日常の動きが楽になります。年齢を考えずに無理な筋トレや運動をこなそうとすると、筋肉を損傷してしまうので、最初は軽いストレッチやエクササイズを取り入れた方がいいでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ