Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

色んな説あり、でも、本当はどうなの?疲労を回復する筋肉の再生力

筋肉の回復速度筋肉は運動をするたびに負荷を受けることになります。ですから、筋肉や周囲の組織は損傷して筋肉痛が起こります。ですが、筋肉は、損傷したままではなく、自然に回復していきます。

このような再生能力を筋肉の超回復と呼んでいます。面白いことに、筋肉は一度損傷すると、以前よりも強い組織を作ることができます。筋肉痛を起こしても、数日経過すると、いつの間にか痛みや不快感が治まっているのではないでしょうか。

このように痛みがなくなった時、損傷した筋肉の組織は、さらに強い組織を作っています。ですから、鍛えられた筋肉が付いてくるのです。脂肪を落として鍛えられた筋肉を付けたい時は、筋肉の超回復を繰り返すことが必要です。

筋肉の超回復について理解しながら、運動をすることが大切です。それでは、どのようにすれば、筋肉の超回復ができるでしょうか。ある程度の負荷を与える運動をした後は、筋肉が疲労を解消する必要があります。

2日程度の休息を取れば、筋肉の疲労や損傷が回復すると言われています。特に、負荷の大きい運動をこなした時は、筋肉の疲労や損傷が大きいので、十分な休息が必要になります。筋肉痛がある時に次の負荷を与えてしまうと、超回復することができなくなってしまいます。

このように、連続して筋肉に負荷を与えると、筋肉が休息できないので損傷したままになってしまいます。超回復どころか、運動をするたびに筋肉が劣化してしまうかも知れません。筋肉を労わりながら超回復することが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ