Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

4つの生活習慣で行う、効果的な身長の伸ばし方

ゆがんだ姿勢を整える身長を伸ばす方法は様々ありますが、一言で言うと規則正しい生活リズムで毎日を過ごす、ということですね。具体的にここで基本的な4つの要素をご紹介します。

(1)栄養

牛乳と小魚だけを食べれば良い訳ではありません。食事にはそれぞれ体に必要な栄養を補う役割があります。バランスのとれた食事が大前提となります。その中でも特にタンパク質とカルシウムの摂取が重要となります。

タンパク質は成長ホルモンの分泌を促進、また、骨を形成する作用もあります。そしてカルシウムには骨を強く維持する作用があります。不足=成長の停滞、となってしまいますので、必要量はキチンと摂取する事が大切です。

(2)運動

適度な運動は成長ホルモンの分泌を促進させます。ただ、過度の運動は栄養分をそれだけ消費してしまいますから、骨の成長にまで回らなかったり、骨を傷めてしまい、成長を阻害する事にも繋がりかねません。適度の運動が大切です。

(3)姿勢

姿勢が猫背ぎみであると成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。また、骨の成長課程で悪い姿勢が固定してしまいますと、体のゆがみにも繋がってしまいます。ひどい場合には矯正も大変になってきますので、「姿勢がわるいな・・」と気付かれた場合にはキチンと姿勢を正す事を心がけてください。

(4)睡眠

睡眠は成長ホルモンだけでなく、体の健全な機能を促す上でも非常に重要な役割を担っています。睡眠不足が続くと、体の機能に異変が生じはじめますので、注意して下さいね。成長ホルモンの分泌にはこの睡眠が無くてはならない存在です。ホルモンが分泌される時間帯に深い眠りにある事が重要なんですね。

ですから、子どもが夜更かしを続けていると正常な分泌が行われなくなり、体の成長に影響を及ぼします。キチンとした睡眠量、質の良い睡眠、適度な運動が成長ホルモンの分泌量を増加させます。子どもの体の成長には欠かせないですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ