Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

体温の調節が上手くできない時のチェック項目

自律神経のバランスが崩れ冷え性にはいくつかの違った特性があります。冷えに対策するためにも、自分の冷えのタイプを知るようにしましょう。まずは、生産不足型の冷え性です。体が必要としている熱エネルギーが不足するために、体が冷えやすいタイプです。

痩せ型の人がこのタイプであることが多く、日頃から元気がなく、感情の起伏に乏しいという傾向が見られます。対策として、バランス良くいろいろなものをたくさん食べること、毎日軽い運動を継続して、基礎体力の強化を目指すことをお勧めします。

これらの方法で熱の生産量を増やすことで、冷えの症状を軽減し、冷えによって引き起こされる病気を予防することができるでしょう。次に、浪費・消耗型の冷え性です。このタイプは熱をどんどんと使い過ぎ、体が冷えてしまうタイプです。

コーヒーなどカフェインを含む飲み物を摂取する量が多く、飲酒や喫煙の習慣がある人に多いようです。また、クーラーの効いた部屋で薄着をしているような人も多いようです。こうしたタイプの人は、体の中に温かさをためておくようにする生活をすることが大切です。

最後に、血液と血行に問題があって、体が冷えてしまう、交通渋滞型です。太り気味の人に多くみられ、油分や糖分の摂り過ぎ、運動不足、イライラして怒りっぽいという傾向があります。このタイプの人には、肌荒れや抜け毛などの病気というより美容面でのトラブルも多くみられます。生活習慣病や甲状腺の病気などのリスクも高いので注意が必要です。血液の量を増やし、質を良くすることが有効でしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ