Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしかして「おばさん体型」?ボディラインを整えて若く見せる方法

誰もがうらやむナイスボディ一定の年齢に達すると、少し太っていた方が若く見せることができるということはよく言われます。

50代や60代になると、あまりにも痩せているとシワが目に付くようになることがあります。 ですが、しっかり筋肉がついている人は、年齢を重ねても老けてみえにくいと言われています。下腹部に贅肉がついている状態やぽっちゃりしている様子を、おばさん体型と呼ぶ場合があります。

そういった体型で、若く見せるのは不可能に近いでしょう。 年齢を重ねると少しふくよかな方が若く見せることができるというのは、肌に弾力があるかということが密接に関わっています。

ふくよかだから若く見えるというわけではなく、肌に弾力があるからこそ実年齢よりも若く見られるということなのです。肥満になると足腰への負担が大きくなり、自分ではまっすぐ立っているつもりでも猫背になってしまうことがあります。

痩せている人は動きやすくなるので運動をするときの負担もなく、肌の弾力をキープしやすくなります。 病的なほど痩せる必要はありませんが、適正体重は維持する必要があります。

正しい方法でダイエットを実践し、身体にいい生活習慣を実践することが大切です。そうすれば、自然に健康的な体型を保つことができるでしょう。下腹部がぽっちゃりしてしまったり、二の腕にたぷたぷとした贅肉がつくとおばさん体型に見えてしまいます。筋トレなどにも積極的に取り組んで、若々しい体型を維持するようにしましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ