Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

骨粗そう症の治療は整形外科?それとも婦人科?

骨ドックを標榜する病院骨粗しょう症を治療するときには、薬も用いられます。 今は効き目の大きい、さまざまな種類の薬が開発されています。ですから、薬物治療を抜きにしては、骨粗しょう症はよくならないです。 けれども、薬だけを飲んでいても、それだけで骨粗しょう症は改善しません。

生活全般を見直して、毎日の生活を少しずつ改善していく必要があります。 一般的に骨粗しょう症の薬には、次のようなものがあります。「カルシウム剤」 毎日の食生活で、十分にカルシウムが摂取できない方は、この薬を服用します。

胃腸が弱いと、十分にカルシウムを吸収できません。 ですから、胃腸の弱い方は、この薬を飲むといいといわれています。また、乳製品が苦手な方も、カルシウム剤を飲むべきです。 乳製品にはたっぷりのカルシウムが含まれていますが、意外に苦手にしている人が多いからです。

そんなときには、薬から補うのが適切です。 薬からカルシウムを補ったら効率よく、カルシウムを体に吸収することが可能になるからです。いくら食べ物からカルシウムを補おうと思っても、効率よく補うのは、なかなか難しいものです。 「活性型ビタミンD剤」 あなたがカルシウムを体の中に取り込みたいときには、その補助になってくれる薬も必要になります。

「活性型ビタミンD剤」を摂取したら、カルシウムが、あなたの体に取り込まれるのを助けてくれます。ただ単品でカルシウムを取り込もうと思っても、その量には限界があります。 ですから、「活性型ビタミンD剤」のような物質を一緒にとって、骨粗しょう症に負けない骨作りをしたいものです。

骨粗しょう症は、特に高齢者に多い病気です。 ですから、日ごろから十分に注意することが必要になってきます。骨を丈夫にする薬を飲むことも、もちろん重要なのですが、もっと重要なのは、安全な環境を整えることです。 高齢者の方はただでさえ、転んだりしやすいです。

もし骨粗しょう症の方が転んだりしたら、すぐに、骨折してしまいます。 高齢者が骨折をしたら、なかなかもとのようには戻らないことが多いです。そうなったときには、一生寝たきりになってしまったり、歩けなくなったりします。 それでは、高齢者の方が、健康に楽しく毎日を過ごせません。

そんなことにならないように、十分に骨粗しょう症の方は、安全な環境には注意してくださいね。安全な環境を整えて、転ばないように、慎重に生活していく必要があるのです。 高齢者は、年を重ねてきた影響で、運動の機能も弱くなっています。

若かったときには、まったく問題がなかった場所で、転んだりします。 また視力も悪化していますから、何か障害物があってもよく見えないのです。ですから、思いもかけないところで、転びやすくなるというわけです。 そのためには、年を重ねたら転ばないように、室内を改装する必要性も出てきます。

室内を改装して、転ばないような工夫をするのです。 たとえば、手すりをつけたり、階段を少なくしたり、段差をなくしたりします。このような工夫をしたら、何もしないよりも、はるかに転びにくくなります。 そして、骨粗しょう症の方が、寝たきりになったり歩けなくなる心配も、ぐっと少なくなるのです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ