Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

O脚がもたらす症状はどういったものがあるの?

O脚は体にどんな影響を及ぼしてしまうのでしょうか。O脚であることの一番の問題点は「見た目が気になる」と言う事が挙げられると思いますが、それ以外にも「体に悪影響を与える」ということもあります。

座っている時の足には体重がかかりませんが、歩く時や走る時には、足には体重の何倍もの負担がかかってしまいます。それを二本の足で支えるのですから、足が真っ直ぐになっている人に比べると、歪んでいる人は通常以上の負担が足の内側にかかってしまいます。

その結果、膝関節の軟骨がすり減り、「変形膝関節症」などのような痛みを引き起こす症状へと繋がって行ってしまいます。 では、O脚がもたらす症状としてどういったものがあるのでしょうか。

(1)腰をはじめとする膝や背中の痛み
足の骨は骨盤から伸びています。O脚により骨盤のゆがみがさらに悪化する事も多いです。そうなってしまうと、ただ立っているだけでも腰に痛みを感じたりする事もあります。

(2)女性であれば生理痛
これも骨盤のゆがみに由来します。O脚により骨盤が歪むと子宮や卵巣の血液循環が悪くなり、生理痛や排卵障害を起こす事があります。

(3)冷え症
股関節や膝関節にはリンパ節が通っており、このリンパ節の働きが足のゆがみによって正常に行われなくなったり、血行不順になることで、足が冷えやすくなります。

(4)むくみ
足のゆがみによって、リンパの流れが悪くなり老廃物の排出が滞ってしまいます。これにより循環が悪くなりむくみが生じます。

(5)関節痛
歪んだ骨を関節が体重と共に支えます。体重のかかり具合のバランスが取れず、関節に負担が増し痛みを伴うようになります。

(6)下半身太り
血管やリンパが圧迫されると循環が悪くなり、下半身の代謝が落ち、下半身太りを招きます。

(7)外反足
足首のあたりには距骨下関節と呼ばれる部分があり、ここに異常が出来てしまうと、かかとが変形してしまい、外反足になってしまう可能性があります。

体全体を支える関節と骨盤、これが歪んでいると年を経るにつれて歩行自体にも影響を及ぼしてしまいます。出来るだけ早い時期にこういった「ゆがみ」を矯正する事が大切です。一つずつでも良いので、O脚が改善されるような生活習慣を増やすように心がけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ