Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

骨折が一番悪化させる骨粗そう症!骨折しやすい箇所って?

生活習慣の改善骨粗しょう症の患者さんがもっとも恐れているのが、骨折です。 骨粗しょう症になったら、骨がもろくなってしまいますから、すぐに骨折しやすくなるのです。

ですから、十分な注意が必要になります。 しかも、転んだり躓いたときばかりではなくて、日常の中の何気ないときにも、骨折しやすくなります。

ですから、何をする時にも、注意していないといけません。 気がついたら、骨折していたなどということも、よくあることです。 そのような場合は、実は骨折していたのに、何日間も気がつきにくくなっています。

それは、大変危険です。 骨粗しょう症にかかっている方が、骨折しやすくなっている場所は、痛みを感じにくい場所です。すぐに痛みを感じる場所ならば、骨折しても気がつきます。 けれども、痛みを感じない場所では、実は骨折をしていたのに、感じなくなっているのです。

これでは、症状も悪化してしまいます。 骨折しやすい箇所は、ぶつけたりしないように十分に注意しましょう。本人が気がつきにくい場合には、一緒に住んでいるご家族が、注意して気にかけておく必要があります。 そうでなかったら、骨折した箇所がそのまま放置されてしまいます。

そんなことになったら、ますます骨粗しょう症が悪化してしまい、日常生活にも大きな支障が出てしまうでしょう。骨粗しょう症の患者さんが骨折しやすい場所は、具体的には、手首や肩、太ももの付け根です。 このような場所は、ぶつけやすかったり、骨が弱くなっている箇所です。ですから、常に注意が必要になってきます。

骨粗しょう症になってしまったら、大切な骨が弱くなってしまうのです。 ですから、あなたの毎日の生活において、かなり重大な悪影響が出てきます。いつまでも健康に生きていくためにも、骨粗しょう症にならないために、予防をしなくてはなりません。 そうしなかったら、骨折したり、寝たきりになったり、不自由でいっぱいの毎日になってしまいます。

では、いったいどのような点に注意して、毎日の生活をしたらいいのでしょうか? ここに書かれていることは非常に当たり前のことばかりです。けれども、すべて重要なことです。 ここに書かれていることを守ったら、骨粗しょう症の予防をすることが可能になります。

体を動かす
年齢を重ねていくと、家の中に閉じこもりがちになってしまいます。 そして、めったに体を動かさなくなるのです。 これは、あなたの骨の健康のことを考えたら、非常によくないことです。 ですから、積極的に体を動かしましょう。

和食中心の食生活

和食には、カルシウムが含まれた食べ物がたくさんあります。 たとえば、魚は、カルシウムの宝庫です。 身近な和食に、たっぷりのカルシウムが含まれているのですから、これを食べないのは、もったいないことです。 もっと積極的に、和食をいただくようにしたいですね。

お酒やタバコは控え目に

どのような病気にも、お酒やタバコはいい影響はありません。 骨粗しょう症でも、この2つはできたらとらない方がいいのです。 そうでなかったら、ますますあなたの骨がスカスカになってしまうでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ