Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

骨粗しょう症ってどんな病気?原因と予防

骨がもろくなる病気最近、骨粗しょう症について、関心が高まっています。 実際の患者の数は、女性が800万人程度で、男性が200万人程度といわれています。

合計で、1,000万人以上の人が、骨粗しょう症にかかっているのです。 これから高齢化社会がもっと進んだら、さらに多くの方がこの病気にかかってしまう危険性が高まります。

しかし、聞いたことがあっても、骨粗しょう症について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?簡単に言うと、骨粗しょう症は、骨がスカスカになってしまう病気です。 骨は私たちの体を支える重要な働きをしていますから、中身が詰まっていないといけないのです。

それが、病気のせいで、骨が本当に弱くなってしまいます。 弱くなってしまった骨では、すぐに骨折します。 高齢者が骨折した場合には、寝たきりになってしまう危険性が大いにあるのです。また、高齢者は骨折をすると、元のように元気に歩けない場合があります。 そうなったら、もうずっとベッドの上で寝たきりになってしまいます。

寝たきりになったら、今度はぼけてしまう危険も考えられるのです。 ですから、骨粗しょう症は、骨の病気だけではなくて、さらに重大な症状につながります。そのようなことにならないように、骨粗しょう症を予防することが必要になってきます。 それには、骨を強くするカルシウムが、多く含まれた食べ物をとるのがいいです。

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品や、小松菜や小魚などを積極的に食べて、骨粗しょう症を予防したいですね。骨粗しょう症は、だいたい2つのタイプに分類されます。 その1つは、「原発性骨粗しょう症」です。

このタイプは簡単にいったら、どうしてなってしまうのか、理由がよく分かっていないものが多いです。 しかし、その骨粗しょう症を引き起こす要素になるものは、だいたい分かっています。それは、老化現象や加齢です。 どなたにとっても、老化現象や加齢は防ぐことができません。 注意をしていても、やがてはあなたの体は、老いてきてしまうからです。

そういったタイプの骨粗しょう症は「老人性骨粗しょう症」と呼ばれています。 骨粗しょう症の患者さんは、だいたいが高齢者です。これは若いときには、体の中の骨に十分なカルシウムが含まれていました。 けれども、年齢とともに、そのカルシウムが体の中で作られなくなってしまったのです。

そのために、骨がスカスカになって、骨粗しょう症を発症してしまうのです。 いくらカルシウムを蓄えようとしても、年齢を重ねた体ではうまくいきません。ですから今も、多くの高齢者が骨粗しょう症に悩んでいます。 また女性の場合には、閉経した後で、骨粗しょう症を発症される方も多いです。

そのような場合を「閉経後骨粗しょう症」ともいいます。 このような患者さんは、50代から、70代の患者さんに非常に多いです。ちょっとしたはずみで骨折しやすくなっていますから、日常生活でも、そうならないように十分な注意が必要になります。注意をしていないと、弱くなった骨のせいで骨折するリスクが高まります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ