Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたの知らない睡眠不足とO脚の関係

「寝る子は育つ」と言う言葉はよく耳にしますが、「睡眠とO脚」にも深い関係があるんですよ。成長期の子どもだけでなく、成人した大人にとっても「早寝」は大切な生活習慣になっています。

それは、22時から深夜2時前後までの「ゴールデンタイム」に関係します。この「ゴールデンタイム」はホルモン分泌が最も活発になる時間帯と言われ、子どもの場合ですと「体の成長」に大きく関わるホルモンが分泌されますし、大人の場合は「再生」に関わるホルモン分泌が盛んになります。

この時間帯にしっかりと睡眠を取ることで疲れた内臓器官は再生され、体の老廃物などの循環も行われます。そして、質の良い睡眠ではこういったホルモン分泌が盛んにおこなわれるので体の「疲れ」自体も解消してくれます。でももし、この睡眠が十分に取れていないと、体には疲れが残ってしまいます。

そして、この疲れが足にまで残っていると、足は「出来るだけ疲れていないほうの足を使おう」としてしまいますので、筋肉バランスが乱れやすくなります。ですから、体に疲れを残さないためにも、まずは基本中の基本として、一日7時間は寝ることが大切です。そして就寝時間は出来るだけ22時前になるようにして下さいね。

そして寝る姿勢すが、出来るだけ仰向きで寝るようにして下さい。「右下にしないと寝つきが悪い・・」など、横向きで寝る方も多いと思いますが、これは身体のバランスを乱す大きな原因にもなってしまいます。

横向きになると、必ずどちらかの側に体重が偏ってしまいますよね。その体重の偏った姿勢のまま、数十分~数時間同じ体勢で眠るのです。本人にとっては「心地よい姿勢」かもしれませんが、体、特に下側の体にとっては「無理な体勢で数時間過ごす状態」になってしまいます。

これは体に負担を与えることになるので出来るだけ仰向きに寝るようにして下さい。急に寝る姿勢を変えるのは難しいですが、足元に薄いクッションなどを敷き、足を少し高くすると仰向けでも寝やすいですよ。

また、自分にとって正しい寝具選びをすることもO脚改善に繋がります。首の位置がしっかりと安定しないと「寝返り」を打ち易いそうです。一晩中、右や左にゴロゴロと体の負担をかけ続けることの無いよう、自分の体に合った枕やマットレスを選ぶようにして下さいね。

一時期柔らかいマットレスなども人気でしたが、これは体が沈んでしまい、骨格の歪みにつながりやすいので、O脚改善・骨盤矯正のためにはある程度固いものを選択するようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ