Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

災難や不幸などが身に降りかからないための厄払い

厄除けで人気の神社日本では昔から「厄年の厄祓い」という習慣があります。この厄とは「災厄」のことで、厄が近づくと運気を下げて良くないことが起こるといわれています。

今時・・と思われるかもしれませんが、古くから根強く受け継がれて来たこの習慣は現代日本でも非常に重要視されています。 また、この厄年は男性と女性では事なっています。

男性は25歳、42歳、61歳、女性なら19歳、33歳、37歳となっており、これは数えで計算される事が多いです。では、この厄年には何が起こるのでしょうか。厄があると、悪い気がたまりやすくなります。

この年齢は人生の節目に当たることが多く、疲労がたまり体調を崩しやすい時期とも言われています。何だかそんな事を聞くと「何とかしておきたいな・・」と思いますね。

もともとこの厄年は縁起の悪い陰数から考え出されともいわれており、日本では平安時代から既に「厄年には厄祓い」という習慣が出来上がっていたようです。(平安時代の方がもっと神経質に厄祓いをしていたのでしょうね・・)

そんな厄から逃れるため、今でも厄年の男性や女性は神社でお祓いを受け、厄落としをしています。厄祓いをしてくれる神社に行き、お札(護摩木?)に氏名等を書きお焚き上げしてもらいます。私も厄年には厄祓いを受けましたが、清々しい気持ちになる・・というよりは、「これで大丈夫」という安心感の方が強かったのを覚えています。

厄年には厄を祓い、体から不浄な気を取り去り、浄化することでよい運気を引き寄せられると言われています。「わざわざ神社にまで行く時間が無い・・」という方には自宅で簡単にできる厄落方法をご紹介しますね。 それは入浴による厄祓いです。お風呂は体を清潔にします。

出来ればさら湯に浸るようにして下さいね。厄は汚れたものや不浄なところに宿るとされますから、体を洗い流すことで厄を落とすことができます。その時、塩やお酒を入れると清める効果がさらに倍増しますよ。

ただ、一番しっかりと厄祓いをしてくれるのはやはりそういった厄祓いを取り行っている神社仏閣で祓ってもらう事です。神社仏閣は年中無休ですから、空いた時間を見つけて出来るだけ行くようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ