Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ただ走っているだけではもったいない!体に良いマラソンの呼吸法

筋肉のストレッチマラソンと言っても、ただ走っているだけではありません。正しいフォームで走らなければ膝や腰に負担がかかり、傷めてしまいます。

また、有酸素運動と呼ばれるマラソン、これは絶えず体内に適量の酸素量をキープ出来るからと言われており、正しい呼吸法で走っていれば長時間走り続けられます。では、楽に、また長く走り続けられるようなペースやリズムを守る為にはどんな呼吸法が必要なのでしょうか?

普通に吸ってはいて・・、ではマラソンに適した呼吸法とは言えません。 マラソンの呼吸は一定のリズムで行うようにします。この呼吸のリズムは非常に大切です。体全体のリズムやペースを調整しているので、途中で呼吸が乱れると、ペースが狂って走ることにも影響が出てしまいます。

一番多い、というか一番体に良いとされているのは、息を吸うのを2回、吐くのを2回繰り返す呼吸法です。「スースーハーハー」ですね。でも、これが一般的ではありますが、中には「スーッ、ハーッ」と、吸う吐くを1回ずつ繰り返す方法が合う方もおられます。(私が中学の体育の授業で習ったのは2回呼吸「スースーハーハー」でした!)

どちらの呼吸法でもかまいませんし、自分の呼吸しやすいやり方があればそれでも良いと思います。さて、ここで注意点ですが、マラソンに限らずですが、呼吸法では息を吐く時が大切です。まず大きく息を吐きます。

そうするとその分吸う時に多くの酸素を取り込む事が出来るんですね。反対に、浅く呼吸してしまうと走る時に楽な呼吸法に思えるのですが、走るのに必要な酸素が効率良く取り込めず、かえって苦しくなってしまいます。

そして、出来るだけ、腹式呼吸を意識し、横隔膜を動かすように、お腹を膨らませたりへこませるような呼吸をして下さいね。深く呼吸できるので、より新鮮な空気が吸い込め、体が楽になります。

この腹式呼吸は息を吸う時にお腹を膨らませ、吐く時にへこませる呼吸法です。慣れるまでは大変ですが、腹式呼吸しながら走れるように頑張って下さい。また、動かす足に合わせて呼吸をするのもリズムやペースを保つのに効果的です。正しい呼吸法、正しいフォームでマラソンが出来るよう、絶えず意識してみて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ