Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

風邪をこじらせた症状に似ている気管支炎

部屋の空気の乾燥に注意気管支炎には急性と慢性があります。急性気管支炎は、風邪やインフルエンザによって、鼻やのどの炎症が、気管支にまで及んでしまうことが起こる病気です。

炎症が気管支の奥にまで及ぶと、ひどい息切れや呼吸困難などの症状が引き起こされます。

慢性気管支炎の原因は、タバコが主なものであるとされていること以外には、明確にはなっていません。慢性気管支炎の人は風邪をひくと治りにくいばかりか、肺炎や肺気腫などの病気を併発していますことがあります。

そして女性の場合に多いのですが、冷えが気管支炎を引き起こす要因になっていることもあります。日頃から血行が悪い人や、暑い季節でも手足が冷たい低体温の人は、風邪気味になっただけで、気管支炎の症状が顕れ、せきやたんが出ることが多いようです。

人間は定温動物です。不要な熱が体内にこもらないように、汗腺から汗として水分を排出します。しかし冷え性や低体温によって血行が悪くなることで、排出機能が働くなり、皮膚や筋肉に不要な水分がこもってしまいます。

そうすると、体はこれらの水分や熱を肺や気管支に送り込み、排出しようとします。これにより、肺や気管支の粘膜に水分と熱が過多になり、炎症が引き起こされてしまいます。こうした冷えによる気管支炎を防ぐには、汗をかく運動が有効です。毎日数十分、ウォーキングやストレッチで汗を出す習慣をつけましょう。発汗とともに血行も良くなり、冷えが原因で引き起こされる病気を防ぐことができます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ