Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扱い方一つで衣類の「持ち」が変わる!?衣類のおススメ収納術

積み重ねても取り出しやすいバスケット女性にとっては特に大切な衣類。きちんと収納したいですよね。衣類には、ハンガーなどに掛ける方法と、たたんで引き出しに仕舞っておく方法があります。

ハンガーは上着や丈の長い物、シワになり易い衣類などを掛けておくのに適しています。また、セーターやシャツ、トレーナーなどはたたんで仕舞うの方がきちんと収納できます。ただ、たたむと言っても、適当にしていたのではせっかくの衣類がシワクチャになってしまいます。

キレイにたたむ方法を習得することで、よりたくさんの衣類を効率良く、キレイに収納できるようになりますよ。まずは基本です。衣類を仕舞う収納棚やケースの幅や奥行きに合わせるようにしてください。Tシャツ、トレーナー、ニットは、たたむ時にに背面を上にします。

左右を収納ケースの幅に合わせて折り、今度は縦に2回折ります。 キレイにたためたら、余裕を持って収納するようにしてください。せっかくキレイにたためていても、無理やり衣類を捻じ込んだら返って皺だらけになってしまって、再度アイロンなんて手間もかかってしまいます。

ゆったり収納を心がけてくださいね。 また、衣類は大きく分類して、よく使う衣類、お出かけ用、お呼ばれ用など頻度に分けて収納すると便利です。お出かけ用のブラウスの前に普段使いのシャツを入れてしまうと、そのシャツの出し入れだけでお出かけ用のブラウスにもシワが寄ってきますし、急いでいる時などは間違って取りだしてしまって・・なんて事にもなります。

大まかでも良いので分けるようにしてくださいね。 次に下着ですが、これは100円均一などで売っているケースを使うとスッキリまとまります。ショーツ、肌着とワンセットずつまとめても良いですし、ショーツだけ、肌着だけと分けても便利です。衣類に関してはあまり見せる収納は必要ありません。どちらかというと、衣類を守る為の収納になりますので、丁寧な収納を心がけてくださいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ