Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

20代半ばをピークに落ちていく基礎代謝を筋トレでカバー

太りにくいカラダ作り人にはそれぞれ体質があり、それによって太りやすかったり太りにくかったりするわけですが、基礎代謝量を上げることで太らない体を作ることができます。

太らない体と言えば、多くの女性が憧れるものですが、筋トレなどの運動を取り入れる方法で、太らない体を作ることが可能なのです。基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことを指します。

たとえば運動などで体を動かすとある程度のエネルギーを消費することは良く知られていますが、これとは別に、1日の間に必ず消費されるエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。

この基礎代謝量には個人差があり、代謝量が高い人ほど1日の消費カロリーが多く、また低い人ほど消費カロリーは少なくなります。太らない人と言うのは、この基礎代謝量が多いのですが、基礎代謝量は体の筋肉量によって左右されます。

つまり太らない体を作るためには、筋トレで筋肉を増やして基礎代謝量を上げる方法が有効だと言えます。ダイエットと言うと有酸素運動を取り入れる方法が一般的ですが、これは脂肪を燃焼するのに効果のある方法であって、筋肉量を増やすのには適していません。筋肉量を増やして基礎代謝量を上げたいのであれば、筋トレを行うのが最も効果的です。

さらに筋トレで鍛える場所を選ぶことで、より効率的に基礎代謝量を上げることもできます。基礎代謝量を上げるには、より大きな筋肉を鍛えることが有効だと言われています。このことから、背中やお尻など面積の広い場所から鍛えていくと、基礎代謝量を上げることができるでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ