Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

賃貸マンションの解約は、何日前に解約予告が必要か

賃貸契約解約について「引越しが決まったので、今月いっぱいでこの部屋を解約したいです」と大家さんに伝えても、とてもじゃないですが、すんなりと解約はしてもらえないと思います。賃貸物件の場合、解約の期間というものが決まっています。

急に引越しが決まったとしても、やはりその月での解約は難しい事が多いです。

引越し先と予定日が決まった時点で、今住んでいる物件の大家さんか管理会社のほうに連絡をするようにして下さい。荷物の整理や諸手続き、新居の準備などに追われてしまい、旧居の解約連絡などを後回しにしてしまう人も多いです。

ですが、きちんと旧居の解約の連絡をしておかないとムダな出費がかさむことにもなりますので、忘れないように気を付けて下さいね。

では、どれくらい前に解約の申し込みをしておけばいいのでしょうか。ウイークリーマンションやマンスリーマンションなど、最近では様々な形態の賃貸物件が増えてきています。物件によっても解約の手順は異なっています。ここでは一般的な賃貸物件についてご紹介しますね。

解約告知期間
賃貸物件を契約した時に「賃貸契約書」というものを渡されます。ここに解約の告知期間についても書かれているので必ず確認をするようにして下さい。また、解約告知期間が記載されていない場合もあります。その場合は、法律で「3か月前が告知期間」と決められていますので、それに従うようにして下さい。

もし賃貸契約書に「解約の告知は3か月以上前に行うこと」と記載されていた場合、急な事情などで1か月前に告知すると、罰金(違約金)が発生することもあります。

部屋の引渡し
当然のマナーとして部屋の中に何もない状態にし、掃除を済ませてから鍵を返します。大家さんや管理会社が退去時の部屋の状態を見て敷金の返還額などを決定しますが、この時、できるだけ現状チェックには立ち会うようにして下さい。

引越しの後片付けなどで忙しく、全て大家さん任せにしてしまう人も多いです。でも、ちゃんと自分の目で修理個所などを確認しないと、敷金の返還額をごまかされてしまっても分からなくなてしまいますよ。こういった事を避けるためにも、できるだけ立ち会いには参加するようにして下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ