Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まさかのときの必需品!計画停電でも役に立つろうそく

停電時に役立つろうそく日頃は、ろうそくを使う機会が少なくなりましたが、地震災害が発生した時は、とても役にたつので、防災グッズとして備えておくといいでしょう。

地震の発生と同時に電気が使えなくなる恐れもあるので、照明を確保しておく必要があります。普段はあまり、ろうそくを使うことがないので、暗闇の中で火をつけるのは、難しいかも知れません。

特に地震災害時は、余震もあるので、消し忘れで火事になる恐れもあります。防災グッズとして、懐中電灯を準備すると、ろうそくは必要ないと思ってしまうかも知れませんが、念のために、燃焼時間の長い据え置き型のろうそくを準備しておくといいでしょう。

ろうそくを持って非難するわけにはいかないので、緊急時には、ほとんど使わないかも知れませんが、状況が落ち着いてから使うことができます。一般的にろうそくというと、仏壇に立てたり、ケーキの飾り用に使ったりしますが、最近は、据え置き型のろうそくも普及しています。

さらに器に入ったろうそくもあって燃焼時間が長くなっています。 細く長いろうそくでは、倒れる心配があるので、部屋の照明に使う据え置き型のろうそくを準備するといいでしょう。購入しなくても、使わないろうそくをまとめて湯煎にかけ、安定した容器に入れておけば、据え置き型のろうそくが完成します。

地震災害が発生した当初は、懐中電灯の方がおすすめですが、数日後なら、部屋の照明になるろうそくを使うこともできます。防災グッズにろうそくとマッチを加えておけば、役に立つでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ