Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自動車の維持費が多くなっていませんか?ちょっとした工夫で貯蓄アップ!

維持費は1年間でどれぐらいの費用が掛かっているか最近のガソリンの高騰は、自動車を利用する家庭の交通費に大きな打撃を与えています。自家用車しか交通手段のない地方在住の場合、車の利用をやめるわけにはいかないので、貯蓄に向けて節約するため、ガソリン代を安くする努力をしましょう。

まずは、急発進、急ブレーキをしないエコドライブを心がけましょう。必要のない荷物を下ろす、定期検査を受けてエンジンオイルを交換する、タイヤの空気圧を正常に保つことも、燃費の良い運転につながります。

ガソリンを給油するタイミングにも気をつけましょう。ガソリンは揮発性が高いので、給油中に蒸発してしまうこともあります。少しでもたくさん給油するために、温度の低い早朝や夜間に給油しましょう。 次に、ガソリン代を安くする方法を考えましょう。

ガソリンは店によって価格が異なるので、少しでも安いところを探すことも節約につながります。また、ポイントサービスを行っていたり、会員になると安価で給油できたり、お得なプリペイドカードを扱っていたり、○曜日は○円引きなど、店によってさまざまなサービスがありますので、それらもチェックしておくとよいでしょう。

車は、ガソリン以外にタイヤ交換、オイル交換、車検など維持費がかかります。整備士が常駐しているガソリンスタンドだと、ガソリン代は安くなくても、いろいろなサービスをしてくれるので、車検などを控えている場合は、そのようなスタンドを利用すると、お得になる場合もあります。

自動車を所有していると、維持費が結構大きな出費を占めます。これらをなるべく節約して貯蓄に回したいところです。必要経費である自動車保険もかなりの比率になります。自賠責保険は加入が義務付けられておりますし、自動車を運転していると、どんなに注意していても危険が伴いますので、いざというときのために、任意自動車保険に加入することは欠かせません。

任意保険は、多くの会社からさまざまな商品が出ていますから、必要な保障を残しつつ、なるべく節約できるものを選びましょう。必要な保障として、対物・対人、搭乗者に対して損害賠償が無制限のものを選んでおきましょう。

車両保険については、入っておくことに越したことはありませんが、割高になる要因でもあるので、自分が運転している車の年式などから考慮しましょう。ABS,エアバックなどの安全装備がある車は保険料が安くなりますから、自身の安全のためにも、そのような車に乗りましょう。

当然のことですが、等級や免許証の種類によっても割引率が変わってきますので、無事故無違反を心がけることは、節約にもつながります。年齢による制限や家族限定、走行距離により保険料が抑えられることがあるので、自分に適した条件の保険を選択して、節約しましょう。 自動車保険を見なおしてみると安くなることもあります。

インターネット保険は、かなり低い金額で条件のよい保険に加入できるので、一度見積もりをしてみるとよいでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ