Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

一発合格を目指すなら需要が高い介護福祉士の資格

初めての介護現場でも安心「介護職」需要の伸び率、近年すごい勢いですよね。

もちろんヘルパーなどの人手の需要もかなり伸びていますが、介護福祉士はそんなヘルパーさんたちを育成する役割も持つ仕事。なのでヘルパーさんが増えればる得るほどその就職率の高さも上がっていきます。キャリアアップにも、収入アップにも最適ですよ。では、その介護福祉士資格の取得方法をご紹介します。

介護福祉士の資格は国家資格

国家試験と聞くとなんだかハードルが高そうですが、それだけに将来の安定度も高まります。

取得方法としては、(1)厚生労働大臣が指定している養成施設を卒業する方法、(2)介護福祉士国家試験に合格する方法があります。3年以上介護等の業務に従事していなければ受験資格がありませんので気を付けて下さいね。

資格試験=国家試験は年に1度となっており、筆記試験が1月下旬、実技試験が3月上旬に行われます。筆記試験の会場は全国で行われますが、実技試験は地域が限定されているので注意してくださいね。

また、国家試験ということもあり、合格率は約50%と少々低めです。まあ、国家資格なだけに内容やレベルもそれなりの高さなんです。それに受験手数料も12500円と少々高い目。一発合格を目指すのであればしっかりとした準備が必要です。

介護福祉士資格、「取りにくい資格」であることは事実ですが、この資格を所持していると介護職においては非常に有利になります。特にヘルパー2級や1級の増員が求められる昨今、指導者側の立場となる介護福祉士の需要はますます高まってきています。

また、ヘルパーからのキャリアアップとしても最適な資格ともいえます。ただ、介護福祉士には「受験資格」が定められています。

知的障害児施設や老人福祉法に規定する養護老人ホームなど、定められている場所で介護業務を3年以上行っているかどうかがポイントとなりますので、これから介護福祉士を目指す方は受験資格を取得することから始めて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ